mimonelu
みもねる   Tokyo, Japan
 
 
インディーズとAAAクラスの洋ゲーが好きです。下品な長文レビューを投稿するため開発者に嫌われています。
Twitter | Homepage [mimonelu.net]
Currently Offline
Screenshot Showcase
Awards Showcase
x2
x2
x13
x7
x2
x1
x1
x1
x1
x1
31
Awards Received
3
Awards Given
Review Showcase
253 Hours played
キアヌ・リーブスにファックされろ or die

そんな感じのゲームでした。ジャンルとしてはお一人様専用のFPS。ゴッサムシティも泣いて詫びを入れるほど治安がクソなナイトシティを舞台に主人公のV君が大暴れ…するかと思いきや、思ったほど暴れない。想像していたほど過激な表現もない。むしろ雰囲気ダークなお通夜モードでストーリーは進行します。ではゲームとしてはどうなのか?それは以下のクソ長いレビューを読めばわかるでしょうたぶん。
なお、これを読んでいる方の中には「お上品なファンタジーこそ至高、野蛮なSFなど却下ですわ」と敬遠されるウブなお嬢様もいらっしゃるかもしれませんが、そこはご安心ください、一度でもプレイすれば「暴力こそ正義!死こそ救済!ナイトシティは地獄ですわ〜!」とマッドマックスな車に箱乗りしながらマシンガンを乱射するようになること間違いなしです。私もそうでした。あなたもそうなるでしょう。そこは保証します(どこだ)。

クールな点

史上最高レベルのウォーキングシミュレーター
あるいはドライビングシミュレーターですね。こう書くと「え、地味…」と言われそうなので、私が初めてV君の自宅から外へ出た時の感想をお聞きください。
「おや、渋谷かな?…あ、これゲームか」
そう、一歩外へ踏み出せば、そこにあるのは現実と見間違えるばかりのリアルな街並みと人・人・人!そして匂い立つような雑踏の空気感!舞台設定も近未来なのでギリギリ「ありそう」な景観のため、街角フェチな私としては興奮を隠し切れず、常に涎を垂らしながらプレイしていました。しかも私は先史時代の遺物みたいなウンコPCでプレイしていたんですが、それでも超リアル。つまりオブジェクトの造形と配色センスがグンバツなため、PCが最新の3DCGテクノロジーに未対応でも十分満足できるということ。これは強いですよ。だって散歩するだけでも楽しいんですから。多少命がけの散歩になりますけどね。

ジャンプで広がるオープンワールド
そんな最高の仮想世界を制限なく自由に移動できる is 最高!なんですが、二段ジャンプかスーパージャンプができるようになると、さらに世界と戦略の幅が広がります。敵の拠点に屋上から侵入して速攻でジョブを終わらせたり、敵が来れないような場所から一方的に攻撃する…そんな卑怯な真似も可能になります。単純に「行けそうにない場所へ行ける」それだけでも楽しいのに、プレイスタイルの幅も広がるのは嬉しいですね。ただ、開発サイドも意図していないような場所へ行く際は注意してください。接触判定を設定し忘れたのか、地面を突き抜けてアンダーグラウンドへご招待されることが稀に良くあります。

クイックハックという新次元のプレイスタイル
基本的には斬った撃ったのFPSなんですが、クイックハックという魔法にも似たシステムがめちゃんこ面白いです。距離に関係なく任意の敵にダメージを与えたり、視界を奪ったり、自爆させたり…中でも敵同士を戦わせるハック、これが私の大好物でしてね…敵が自滅していく様を安全圏から眺める…最高の愉悦ですよ…フフフ…しかもそれだけじゃない。監視カメラの制御権を奪取すると、カメラ視点で敵をハックできる。もちろんダメージを与えても私の位置が割れることはない…最高じゃないですか?しかし敵もさるもの、警戒態勢へ移行した敵はちゃんとプレイヤーを探し始めます。そして発見されたら終わりです。なにせ私はハックしかできない貧弱なネットランナー、銃弾の一発でも喰らえば致命傷になりかねません。だからと言って身近な敵から攻撃すると死体を発見されて敵の猛攻を許すことになりかねない、だからまずは離れた敵から攻撃して…などと戦略を練るのも最高に楽しいシステムです。逆に敵が目の前にポップするようなイベント戦では地獄を見ます。苦しみましょう。

気が遠くなるほどの圧倒的ボリューム
プレイ開始から6時間、そろそろ終わりかな?と思っていたらタイトルどーんですよ。チュートリアルだけで夜が明けるとは…相次いだ発売延期もうなづける物量です。特にサイドジョブの数がヤバい、全部クリアするのに2、3ヶ月はかかるんじゃないでしょうか?殺す気か?

ニホンゴ、オジョウズデスネ
私は洋画よろしく英語音声に日本語字幕でプレイしていたんですが、日本人のキャラクターは日本語で喋ることがあります。海外のゲームにおける日本語はカタコトな場合がほとんどですが、このゲームではきちんと日本人、もしくは日本語がネイティブ並みに上手な声優を起用しているのが好印象でした。住人の会話やCMなんかも日本語が多いし、日本人受けするゲームかもしれません。もっとも、言語以外はなんちゃってニッポンだし、日本企業は完全に悪役ですけどね。ついでに言うと放射能や原爆/水爆に対する制作陣の見識はFallout以下すなわち幼稚園児以下ですが、そこは突っ込まないでおきましょう。

かわいいヒロイン
ジャッキーとタケムラという二人のヒロインが登場します。ジャッキーはおバカな正統派、タケムラはツンデレなドジっ子、どちらもかわいいので期待してOKです。本当です。

おファックな点

ナイトシティは見渡す限りバグまみれ
むしろバグがない時ってある?ない!(即答)細かいバグは数え上げれば切りがないので割愛します。えっ、人が宙に浮いている?そんなのこの街じゃ日常茶飯事、笑ってスルーしましょう。それより問題は進行不能バグです。一番困ったのが「イベント中の突然死」。こうなるとイベント前からロードしないと直りません。まぁ、対策があるだけマシ、大体何とかなるのでバグはギリ許せますん。それにフリーズや強制終了の類は一切なかったので、その点は褒めてあげてもよろしくてよ?

ボス戦を特殊戦闘にするなって俺は何度も言ったよな?
この場合の特殊戦闘とは「制限されたバトルフィールド」「ステータス異常のデバフが効かないボス」です。前者は本当に(クソデカため息)オープンワールドの持ち味を殺す最悪の仕様、リアルにため息が出ましたね…事情はわかりますけど。同様に後者も事情はわかりますけど、前者と合わせてネットランナーだった私は割とマジで辛い目に遭いました。一瞬でも操作をミスれば即死するマラソン、と言えば伝わるでしょうか。伝われ。

すべてを台無しにするシナリオ
これ。これのために評価を「おすすめしない」にしました。まず、販売代理店であるチュンソフトのHPにはこういった謳い文句があります。
「無数の選択肢を通じて自分だけのストーリーを体験することができる。」
B.u.l.l.s.h.i.t! これはコーポ特有の汚らしい嘘です。「選択肢」なんて事実上ひとつしかありません。このゲーム、確かに「無数の選択肢」はあるんですが、ストーリーには一切影響しません。ストーリーには一切影響しません。二回言いました。つまり、(少なくとも現状では)(そして間違いなく今後も)シナリオが分岐することはありません。唯一、エンディングに影響を及ぼす選択肢がラストダンジョン手前で一回あるだけです。他、すべて影響なし。敷かれたレールの上を歩くだけの人生です。これを知った時は落胆のあまり頭髪が真っ白になりましたね…もっとも、ラスダン手前の選択肢はサイドジョブの進行状況に応じて変わるそうですが、だからと言って他の選択肢が影響しないことに変わりはありません。はい。
それからもうひとつ、自分の選んだ選択肢からは想像もできないようなセリフを主人公が吐いたりします(そして事態が悪化する)。少なくとも英語と日本語のニュアンスの違いとか、そういう次元ではありません。こうなると選択肢を選ぶのも、シナリオライター様のお気持ちを汲むのも不可能になるので、終盤はテキトーに選択していました。もしかしたらバグか設定ミスかもしれません。そうであってくれ。

長くなりましたが、結論、シナリオというかアドベンチャーパートの印象が悪すぎて他の好印象がすべて吹っ飛んでしまった、といったところでしょうか。FPSとしても新鮮味はないし、クイックハックと景観の良さだけで持っているようなゲームです。発売から10日、3回ほど3GBクラスのアップデートはあったものの、バグも健在で好転する気配はありません。MODも公式には非対応。Nexus modsにはいくらかありますが、アプデが頻繁に入る現状では入れる気にはなれません。というわけで、このレビューを読んでもプレイしたいという命知らずなお嬢様に贈る言葉は以下の二つ。
「買うなら二ヶ月待て」「シナリオは気にするな」
以上です。
Review Showcase
16.0 Hours played
(追記)早期リリースから1年、公式に日本語対応した上で正式リリースとなりました。果たして改善のほどはいかばかりかと言うと…全体的にかなり質が向上した印象を受けました。

まず致命的なバグがすべて潰され、安心してプレイできるまでに仕上がっています。キャラの挙動がちょっと怪しいけど、気にはなりませんね。
銃のカスタマイズもよろしげです。ハンドガンはパパッと改造するだけでライフルとして運用可能になるので、だいぶ戦闘が楽になります。
あとはまぁ…特に変わりなし。相変わらず登場人物は全員おしゃべりクソ野郎で、音声ファイルだけ削除してもファイルサイズは半分くらいになるんじゃないかと思うくらいです。

ただ、正常にプレイできるようになった分、悪い面も明らかになりました。とにかく面倒くさいんですよ。私としてはS.T.A.L.K.E.R.やMetroみたいにドンパチ+αなゲームを期待しているのに、クラフトやら基地建設やら食糧管理やら仲間集めやら、やりたくもないことをやらされる、それが我慢できませんでした。
何より我慢できないのは、そのあたりのいらん要素にゲーム性がない、「遊び」がないことです。マジで純粋な作業でしかないので、労働の対価をよこせ、賃金未払いで訴えるぞ、と言いたくなるくらいです。
もっとも、これを読んでいる方の中には社畜のような奴隷人生に悦びを見出す変態もいらっしゃるでしょう。そういう方には向いているゲームかもしれません。私は嫌ですけど。

他にも色々言いたいことはあります。異次元を経由して移動するとかSF通り越してメルヘンだろとか、演出上の理由で作戦を開始する時間帯を選べないとか、事実上の時間制限があるとか、ストーリーに魅力がないとか(致命傷)、主人公がインテリの癖に武闘派でお前はゴードン・フリーマンかよとか、色々あります。他にもありますけど…聞きます?言いませんけど。
というわけで評価は変えません。悪いゲームではないことは確かですが、純粋なFPSerは避けた方が良いゲームであることも確かです。

---

イディーカムニェ!初めに断っておきますが、本作にS.T.A.L.K.E.R.要素を求めている方は涙をのんで回れ右してください。本作はMetroシリーズに近い、カジュアル路線のFPSです。また、「俺は雰囲気で物を買う、それが俺の流儀<スタイル>」という方も最後までお読みになり、その愚行を悔い改めていただければと思います。

 以下、良い点です。

・自然が綺麗。

 以下、悪い点です。

1プレイにつき1回以上フリーズする :または「Fatal error!」という間抜けな断末魔と共に落ちます。いつでもセーブできるゲームであればマウスを壁に叩きつけて罵詈雑言を吐き捨てる程度で済みますが、残念ながら本作はチェックポイント方式でして…最悪1時間くらいロストします。まさに時間泥棒ですね。悪い意味でね。

銃が撃てねぇ :右クリックで狙いをつけないと銃が撃てません。左クリックだけだとパンチします。パンチってwwwゾーン舐めてんのかwwwまぁそれは良いんですが、腰撃ちに慣れていると敵が急にポップした時に間違ってパンチを連打しちゃうんですよ。敵が5m先にいても。これ、敵からしたら単なるヤバい人なのでどうにかしてほしいところです。どうにもならんだろうけど。

まともに歩けねぇ :10cmくらいの段差でもスタックします。お前は老人か?しかも衝突判定がザルすぎるのか、何もない空間であってもスタックします。コントかよ。

モンスターが動かねぇ :想像してみてください…これから出てくるであろう、恐ろしくも魅力的な未知のモンスターがですよ?そこら辺の道端にオブジェよろしく突っ立っているんですよ?ただ鳴き喚くだけで、銃で撃っても何の反応もない。悲しくなりましたね。

オープンワールドじゃねぇ :本作は複数のオープンワールドなエリアで構成されているんですが、要所要所が放射能で汚染されているため進入できず、結果として神の定めしルートを進むしかないという残念な作りになっています。放射能による被害を軽減する設備もあるんですが、後半にならないと使えません。自分で自分の長所を潰す、中々ない試みですよね。

音量調節が効かねぇ :普通にバグだと思うんですが、どれだけ音量を小さくしてもBGMが小さくなりません。それも普通のBGMではなく「ドオンwwwドオンwwwギョワーwwwwww」みたいな、BGMなのか環境音なのか怪物の唸り声なのか良くわからない空気の振動、すなわち音です。これが場所によっては常に爆音で鳴り響く、ちょっとした拷問ですよ。

仲間のミッションが成功しねぇ :仲間にミッションを任せることができるんですが、10時間プレイして2回しか成功したことがないってどういうことなんですかね?90%でも確実に失敗するんですが…スパロボの命中率か?

ビルディング要素がいらねぇ :拠点には色んな設備を好きなレイアウトで配置できるんですが、レイアウトには何も意味がないため、正直面倒くさいだけです。しかも植物を置くと快適度が下がるってどういうこと???全員植物アレルギーか??????

アドベンチャー要素もいらねぇ :マジで画面を埋め尽くす勢いの文章量です。しかも謎の便利パワーで過去の出来事を変えることができやがるため、物語の流れとシナリオライター様のお好みを把握していないとBadな選択をしてしまいます。いやー、きついっす…英語は平易なので雰囲気くらいはわかりますが、選択肢だけ行間を読むタイプの英文になるので、私にはきつい…まぁそれは私のせいなんですが、そもそもアドベンチャーゲームをしたい人がこのゲーム買う?って話です。

ゲーム性がねぇ :武器は3種類の銃器とパンチ(笑)だけのようです。これでドンパチするのが本作のすべて。はー、地雷もねぇ、グレネードもねぇ、敵さんいーつもぐーるぐる。あ、ステルスキルはあります。でもこれら以外にゲームと呼べる要素が見当たらないんですよね。飽きます。

ボス戦をミニゲームにするなって俺は何度も言ったよな? :Black Stalkerという強敵との戦いになると、突然「左右にステップを踏んで攻撃を避けよう♪」みたいな字幕と敵のクソダセェ体力ゲージが表示され、途端にミニゲームっぽくなります。正確にはミニゲームではないんですが、強制イベントということもあり、戦略の立てようもなく、さりとて逃げようもなく、不慣れな戦闘を強いられることになります。そう、Dying Lightと同じノリです。なぜ?なぜ普通に戦わせてくれないの?私のことが嫌いなの?私は嫌いです。

 以上です。お疲れ様でした。いや君、3日前に大型アプデしたって言ったよね?バグも修正したって言ったよね?それでこのざま?はー、つっかえ…しかもロードマップを見る限り、今後はマップやストーリーのアップデートのみで、ゲームシステムの改善/拡張はない模様。さらにシステムの都合上、MODのサポートにも消極的であることが掲示板で表明されていました。何ということでしょう、将来性もねぇ!
 とは言え、あなたが英語に堪能でゲームにバグさえなければ少しは遊べます。2020年冬にリリース予定なので、最低限それまで待てばまともにプレイできるでしょう…たぶん。つまり今のところは誰であれウィッシュリストに突っ込んで腐らせておくべきゲームでした。

余談:もしあなたがMetroシリーズを未プレイであれば、Metro Exodusの方を強くお薦めします。私の好みではありませんが、すべての面で本作を上回っているし、雰囲気も似ているので、きっと気に入るでしょう。

Recent Activity

7.5 hrs on record
last played on Nov 29
1,070 hrs on record
last played on Nov 29
47 hrs on record
last played on Nov 26
< >
Comments
?? Nov 9, 2012 @ 10:59pm 
Hi, add me please :)