76
Products
reviewed
1032
Products
in account

Recent reviews by Ciel-Legacy_qp【JP】

< 1  2  3 ... 8 >
Showing 1-10 of 76 entries
43 people found this review helpful
2 people found this review funny
3.1 hrs on record
Early Access Review
80年代をテーマにしたカジュアルバトルロワイヤルTPS/FPS。

開発期間たった5ヶ月で、『Lawbreakers』の開発から本作にシフトし、『Gears of War』を作り上げたCliffy Bが手掛ける新作バトルロワイヤル。
宣伝期間たった1日の「エクストリームアーリーアクセス」と言う事で、建物やアイテムのテクスチャが未実装だったり、地面に埋まったりスタックするようなバグが数多く残ってたりするような現状ではあるけど、それらを差し引いてもこの開発期間に『Lawbreakers』とは結びもつかないようなユニークなバトルロワイヤルで正直かなり面白いです。(現在スクアッドは未実装。)

ローリングを取り入れたアクティブな撃ち合いに、落下ダメージと言う概念を無くすことによるカジュアルさやアイテム(トランポリンなど)を使った楽しい遊び要素まで、バトルロワイヤルゲー初心者でもPUBGやH1Z1、FortniteBRをプレイしてきて飽きが来ている経験者まで幅広く楽しめます。

乗り物には自転車のBMXのみ現状は実装されており、空中に飛び出して回転したりするトリックも2人乗りで決められる辺りがくだらなさに拍車がかかっていて最高。BMXに乗ってる際に飛び降りて即座に撃ち合いも可能なのでその点でもH1Z1のような戦いができるかと思います。

さらに特徴的なのが、メインメニューでのコスメティック購入や試合中の武器・アイテム購入にも使えるマネーシステムです。
これはレジを破壊したりアイテムとして落ちている現金を拾う事で、マップ上に点々と設置されているATMに預けたり引き出したり、アイテム自販機で武器(アイテム)を購入したり、自動回復装置に50ドルごとに投入することで回復できたりとゲーム中で様々な使用用途があります。
特に、ATMで預ける事によってさきに言ったコスメティック購入に主に使用でき、デスしてしまった場合は所持金の8割以上をドロップしてしまうので、余裕があれば積極的にATMに預けて今後の軍資金費用として貯めておくと良いでしょう。
もちろん試合中に武器が拾えないけどATMが近くにある時なら現金を引き出して近くの自販機で武器を手に入れるのも戦略の一つと言えます。

他にもバリアがジワジワと迫ってくるのではなく、グリッド上のマップで次はどこのエリアがバリアに飲み込まれるか把握することができるので、移動するまでの猶予がたっぷりあるのもカジュアルな要素であって別作品にも取り入れて欲しい所です。
後は武器スロットやアイテムスロットを試合中さらに解除するには、アイテムとして落ちているバックやポーチを拾う必要があったり、別作品同様レベル1・2・3のヘルメットとボディーアーマーがあります。

この他にも色々ありますが、とりあえず無料なので一度遊んでみて下さい。
また、意味の分からない批判レビューしてる輩はアーリーアクセス(アルファ)を理解してない上に、多分あんまりゲーム遊んだことない人なので参考にしないことを推奨します。
今後PUBGやH1Z1、FortniteBRと肩を並べる日まで周りには布教し続けていきたいぐらい期待してます。

※因みにフレンドがオフラインで一緒にPT組めない時は、お互いにゲーム内でフレンド送り合えばオンラインになって遊べるようになります。
現状スタックしてどうしても動けない時は諦めて抜けるしかないです。
Posted April 10. Last edited April 10.
Was this review helpful? Yes No Funny
13 people found this review helpful
1 person found this review funny
0.7 hrs on record
Early Access Review
SMITEと同じくTPS視点からなるMMOから転身したMOBA。

正直これをMOBAとと言うにはしょぼすぎるというか、基本的なMOBAルールである「ダウンタウン」モードを例に説明していくと、中央レーンに互いのタワー(タレット)が縦に1体ずつ並んでおり、敵リスに設置されているコアを破壊すれば勝利のここまでは普通のMOBA。
ただこれ以外の要素が致命的で、敵やミニオンを倒してレベルを上げても固定スキルなので恐らくHPや攻撃力などのステータスが上がるだけ。左右のレーンには互いのリスにタワーが置いてあるだけで、基本的に中央ゴリ押しゲーなのでここを攻撃する意味はほぼ皆無。左右中央にMOBAでいうジャングルのボスがいるけど倒したところで??って感じです。
序盤でレベル差が付きやすいので、一度押されたらその後はいくら押せててもほぼ負け確。しかもデスするたびにリスポーン時間が延びるので、味方が誰か一人でもデスするたびに不利になっていくので初心者お断り感が半端ないです。
あとマップが狭すぎてMOBA感がないし、そのくせに全体的にゲームスピードがだれるので一方的に押されてても試合が長引いて疲れます。

キャラクターデザインは何となく『Paragon』を彷彿とさせてまあまあ良いけど、SEやキャラクターボイス、アニメーションが適当でこれも愛着湧かない理由かなと思いました。
戦闘に関してはスピード感あって悪くは無いけど、やっぱ基本無料だなという印象。「資源バトル」と「サバイバル」は「ダウンタウン」を1プレイして察したのでプレイしてないです。
とりあえず無料なので気になる方はやってみると良いと思います。個人的に他の人にはオススメ出来ないです。
Posted April 5. Last edited April 12.
Was this review helpful? Yes No Funny
13 people found this review helpful
10.9 hrs on record
Early Access Review
中世を舞台にしたMMORPG。

面白いか面白くないかと言われれば(現状は)微妙な所。頻繁に1GB近くのアップデートは入るし、季節イベント等も行なってユーザーを楽しませてくれてはいるけど、早期アクセス始まってから約2年も経って未だに全く最適化してないのかどのグラフィック設定でも重い又はカクカクして満足にゲームを遊べなかったりします。

その他にマウス感度を変えられる幅が狭すぎて最低値でも早すぎて上手く操作できず、歩く場所場所が敵だらけで終始敵に追いかけ続けられます。
ダッシュに対するスタミナ消費も激し過ぎてすぐに走れなくなり戦闘時にもスタミナを消費し、そのせいでなかなか敵から振り払えず、街や村の中まで追ってきます。
それと10時間プレイしてもMMOのはずが他プレイヤーに一回も出会えないので、チープなオープンワールドで俺は何をやっているんだろうと感じさせられます。
戦闘に関しても強弱ある攻撃とブロックを用いた戦いができるものの、モーションがモッサリしているので体感的に遊びづらく感じて、基本自分が一人に対してわんさか周りの敵が寄ってくるのと1vs5とかざらで戦闘自体が面倒にもなったりします。

バンドルに付いてたのを試して遊んでみましたが、現状セールが来ても購入する事はあまりオススメ出来ないです。
Posted April 3.
Was this review helpful? Yes No Funny
19 people found this review helpful
1.8 hrs on record
Early Access Review
ステージクリア型のタワーディフェンス要素を取り入れたCoopFPS。

今年の春に正式リリースすると聞いて、値上がり読みでG2Aで200円で購入しました。
リリース当初は、L4Dのパクリだの劣化だの馬鹿にされてきたけど、様々なアプデを繰り返して個人的には他人に勧めて遊びたいほど面白いです。
現在ステージが6つ、登場予定ステージがチャプター2まで4つ残され、多分正式リリース後はチャプター3以降を出していくのかなって思ってます。

住み分けをする独自路線として、ステージ各所決められた場所に装備を生成させる3Dプリンターやいつでも回復可能な自動回復機器が設置されており、これらを使用するにはことある度に起きるスウォーム(エイリアンの大量攻め)を耐え切る必要があり、これらを耐えてる毎にその場所でそれらが利用可能になります。
3Dプリンターはそれぞれ生成できる装備が異なり、欲しい武器がある場合はそこまで行ってそこの3Dプリンターを使用する必要あります。基本的に3Dプリンターも自動回復機器も使用制限はないので、スウォームさえ耐えてしまえば毎回万全の態勢で臨めます。

そして肝心なスウォームの際(3Dプリンターなどの使用解除)には、決められた場所に立て籠り、落ちているバリケードを窓やドア際に設置してエイリアンの侵入を足止めできます。バリケードには耐久値があるのでエイリアンに攻撃され続けたり、落ちているプロパンガスでの爆発ダメージやグレネードによって破壊してしまう場合もあるので、考えて使う必要があります。
場所によっては、めちゃくちゃ狭いけどガトリングが設置してあったりして、そこではグレネードの代わりとなる地雷なども役に立って派手な戦闘が楽しめたりします。
最終的にタワーディフェンスを繰り返したのち、脱出経路が表示されるので指定されたバンに全員が辿り着けばステージクリアとなります。

今現在特にやり込み要素だったり、クリアすることで何か報酬が手に入る訳ではないですが、エイリアンの種類も豊富で色んなのが出てきて視覚的に面白く、将来的には様々な武器やエイリアンの導入、キャラクターのカスタマイズやコスメティック要素の導入も考えているようなので正式リリースはもちろんその後にも期待したいところです。

ここで将来Earthfallはどうすれば良いかというアンケートを行なっているので、今プレイ中の人も返金をしてしまった人も回答してあげてみて下さい。
http://steamcommunity.com/games/415590/announcements/detail/1664516706563346644
Posted March 18.
Was this review helpful? Yes No Funny
18 people found this review helpful
24.1 hrs on record
Early Access Review
ドワーフ4人で鉱石採掘を行なうCoopFPS。

基本4人が前提となるCoopゲーで、ミッションを選択して難易度(ハザード1~)を選んで、決められた鉱石(アイテム)を収集するのが基本的なゲームの流れとなっており、決められた鉱石を一定数集めると脱出ポッドが呼べるようになり、呼んでから5分以内に降り立った場所に来る脱出ポッドに全員で乗り込めばクリアになります。
全員で脱出しなくても一人でも乗り込めば一応クリア扱いにはなりますが、生存ボーナスにマイナスが入って貰えるゲーム内マネーが減ってしまうのでなるべく4人でクリアした方が良いです。

そのゲーム内マネーを使って各ドワーフ4人をカスタマイズすることができ、外見・見た目はもちろん各固有装備も強化することができ、それによって武器の総点数や威力が上がり、装備の利便性やシールドの耐久値が上がったりもします。
一部強化には、洞窟探検で手に入れた鉱石を必要とするので、色んな鉱石やアイテムを洞窟内で見かけたら積極的に集める事をオススメします。(そのほうがゲームとしても楽しいですし!)

それに他ゲーと違って一人1クラスという制限はなく、全員が全員同じクラスで行っても問題ないです。
地形採掘が可能なドリル及び固定ダメージを全エイリアンに与えられる火炎放射器を持つドリラー・高低差ある場所にジップラインを引き、ガトリングガンで物量を殲滅するガンナー・広い範囲を照らすフレアに、単独行動ができるグラップリング持ちのスカウト・どんな場所にも足場を作るプラットフォームガンと自動掃射タレットを2機設置可能なエンジニア、と特徴的且つどれも使いたくなるようなドワーフが揃っていてかなり中毒性が高いです。
たまにエンジニア1のスカウト3でエンジニアが置いて行かれる事があり、申し訳ないと思いつつそういうのも面白かったりします。

各ステージも毎回プロシージャル生成されるので、同じ洞窟はあまり見かけません。それにチャットも日本語で打つことができ、ブラウザ検索した時には、地域表示にJPもあるので日本人とマッチングすることも多々あります。
アーリーアクセスの割に既にクオリティが高く、公式で99%の日本語翻訳も完了している万全っぷりで是非とも日本でも流行って大きくなって欲しいCoopゲーです。
因みにレベル10で銅像が立ち、レベル20でその銅像が金色に変わるので、全ドワーフレベル20以上に挑戦してみても良いかもしれないです。

翻訳所(https://crowdin.com/project/deep-rock-galactic)
Posted March 18. Last edited March 18.
Was this review helpful? Yes No Funny
25 people found this review helpful
1 person found this review funny
19.0 hrs on record
Vermintideの続編にあたるファンタジーCoopFPS。

様々な特徴を持つ5ヒーローを使って、4人で各ミッションクリアを目指すステージクリア型Coopです。1人でも3人でも必ず空いてる枠にはAIが入ってくれるので、人数不足で楽しめないなんてことないです。
ミッションクリア後には使用したヒーローごとに経験値が入り、それによって新しいキャリア(特殊スキル)を持つヒーローを解除できるようになったり、ステージ中に集めたアイテムの数によってクリア後の報酬レアリティが変わったりもします。

前作はとにかく効率的に周回して強い武器を集めて、装備が整ったら更に難しいミッションに赴くという一連の作業的な流れが強く、ゲームとしてはファンタジー世界の中にL4Dチックさが加わって面白かったものの、特にやり込み要素が無く飽きが早めに来てしまっていました。
だが今作から、周回して武器(装備)を集めるハクスラ要素の他に、5ヒーローに各3つのキャリア(特殊スキル)が用意され、このキャリアによってタレント(固有スキル)と組み合わせ、前作ではできなかったタンクプレイだったり、遠距離特化プレイなどができるようになっています。

どのヒーローも上手い具合に調整されており、一概に強い弱い等は特になく、前作に比べてゲーム難易度は高めであるものの、各々が好きなヒーローを選び役割を理解して戦えばクリアも容易です。
さきに言ったようにもちろんヒーローごとのスキルの組み合わせで色んなプレイが楽しめますが、それ以外にも武器の種類によってスタミナ量が違ったり、一回の攻撃で複数体狙えるものから一度に一体しか攻撃できない重量武器等様々。
近接武器意外にも同じように存在し、ただ威力が高いだけでは使い勝手が悪く自分に合わなかったりもするのでそういった兼ね合いを探すのも醍醐味だったりします。

基本的にストーリーはあってないようなものなので、前作をやってないからといって今作で困るような事も無いのでFPSユーザーなら是非遊んでおきたいですね。(日本語が無いのでどちらにせよ英文は読めないですし・・・)
しかも今後Modサポートしてくれるので、どれほどのものが対応してくれるかは分からないですが、長く遊べると思います。
Posted March 18. Last edited March 18.
Was this review helpful? Yes No Funny
34 people found this review helpful
0.1 hrs on record
入国審査シミュレーション『Papers, Please』を映画化させた短編映画。

ロシア語音声で、日本語含む22言語の字幕から視聴できるのでどんな人でも楽しめます。
原作をプレイしたことある人なら、誰が嘘を付いていて誰が本当のことを言っているのかを探る描写だったり、無慈悲な入国拒否のシーンが完璧で、クリアした人でももう一度遊びたくなるようなものです。
もちろんゲームを遊んだことない人でもネタバレが全くなく、寧ろこれを機に買ってみようかなとも思わせてくれる映画で、たった10分の世界に引き込まれる事間違いないです。
しかも世界観と原作に対して完璧な主人公のビジュアルがマッチしていて最高にクールなので観ていない人は見ることをオススメします。
Posted February 25.
Was this review helpful? Yes No Funny
47 people found this review helpful
1 person found this review funny
0.2 hrs on record
4人CoopがメインのタワーディフェンスTPS。

ゲームやる前に、いまどき終始マウスカーソルで操作もできない粗末さに、弄れる部分が無さ過ぎるキーコンフィグ・安定の30~60fps制限縛り・コンソールと大して変わらないオプション回りに、音量がうるさすぎて下げようとしたら存在しない音量設定。
これだけで始める前に超萎えました・・・。いくらベータとはいえ、自分好みに快適に遊べるのがPCの特権でもあるのにそれすらできないのが個人的に許せないです。
オプション回りもそうでしたが、ましてやキャラメイクさえも全てTPPからの流用品で、むしろ本作で何が新規に取り入れたのを探すのが困難なぐらいです。

一応嫌々ゲームもプレイしてみましたが、いつまで経っても終わらないマッチングに始まらないゲーム、人がいないならいないで勝手に始まるかと思えば、CPUも加わらず4人前提難易度のCoopを一人で強制させられました。
他の人とできると思えばテキストチャットは無いし、操作性もそこまで良いものでは無く、メタルギアの名前が目に付くたびに萎えを通り越して呆れましたw

仮にこんなのを購入するぐらいなら、今F2Pで人気の「Dungeon Defenders II」のほうがハクスラ要素に職業システムが相まって面白いです。
ただ4人でフレンドと遊ぶ事を前提に考えるなら、500円前後辺りでPT組んで遊ぶとこのゲーム的には丁度良いかもしれません。
Posted February 17.
Was this review helpful? Yes No Funny
21 people found this review helpful
3 people found this review funny
5.3 hrs on record
Early Access Review
物理演算が絡むビルディングシミュレーション。

現状は特にサバイバル要素も無く、有限されたオープンワールドで好き勝手に物作りできるゲームです。
個人的に一人より複数人で色々喋りながら制作していくのがマイクラ感があって楽しいです。
ただマイクラ系統と違って物理演算が絡んでくるので、自動ドアやブロックを回転させて何かをする的な事が、物事を理解するにつれて進化していくのが本作の面白いところです。

創意工夫で乗物や大規模な建築、何でも出来るので正直飽きる所は無いと思います。アップデートでアイテムが追加されたりもするので、それらを既存建築物に合体させるとまた違った感動があったりします。
作ったものによっては意味不明な挙動を見せて爆笑してしまう事もあり、イレギュラーな笑いもあるのが最高です。
Posted January 7.
Was this review helpful? Yes No Funny
20 people found this review helpful
1 person found this review funny
22.4 hrs on record
ハクスラ要素も兼ね備えたCoop対応のコメディーFPS。

独特のグラフィックからなるユニークな武器デザインや特徴的な登場人物、魅力ある敵キャラクターやモンスターがBorderlandsと言う世界観を作り出し、万人が楽しめるゲームです。
1をやっていなくても問題無く、敵も味方も特徴的なキャラクターが多いので、好きになれるキャラクターが出る故に愛されているシリーズ作品だと思います。

ただストーリーを進めるFPSだけで終わらず、敵を倒したり探索するたびに様々な銃やグレネードなどの武器が手に入り、ハクスラ要素がかなり大きいので何週も出来るほどやり込めちゃいます。
自身が操作するキャラクターにはクラスがあり、それに伴い色んな戦い方ができるのも面白さの一つです。
DLCのボリュームも大きく、一人でももちろん楽しいですがフレンドと4人でやれば何倍も楽しいので是非フレンドとプレイすることを推奨します。
なお、Coopする際はホストのみの進行状況が更新されるので、フレンドのデータでエンディングを迎えても自身のデータでは何も進行していないのでそこだけは注意が必要です。

それとブログにて、使用可能なSHiFTコードの一覧を作成しているので情報提供も兼ねて覗いてみてもらえたらと思います。
https://pcmodgamer.com/steam/borderlands2/sfihtcode
Posted January 7.
Was this review helpful? Yes No Funny
< 1  2  3 ... 8 >
Showing 1-10 of 76 entries