The Hat Man: Shadow Ward

The Hat Man: Shadow Ward

116 ratings
The Hat Man: Shadow Ward 日本語訳
By Kosiki
ホラーゲーム「The Hat Man: Shadow Ward (ハットマン:影の病棟)」の日本語訳ガイドです。
 
Rate  
Favorite
Favorited
Unfavorite
はじめに
このゲームは進行中に拾うことができる日記の断片を読むことでストーリーが理解できる仕組みになっています。より没入感を得るためには後でまとめて読むのではなく、焦る気持ちになるとは思いますが、一枚拾うたびに読むことをお勧めします。日記を開いているときはポーズが掛かっていますので安心して読めます。

両親の台詞についてはゲーム中に表示される順番に記載しています。上が父親、下が母親の台詞です。
両親の台詞はデフォルトではオフになっているので表示したいときはOption→SettingsのParents Voice OverとParents Subtitlesにチェックを入れてください。

基本操作
電報
BRK194 12 VIA RM=A CLEVELAND OH 18 152P NORMAN(LOIS) BERRY, FATHER(MOTHER) OF VIRGINIA BERRY OF CLEVELAND 840 BATES ROAD WE REGRET TO INFORM YOU THAT YOUR DAUGHTER VIRGINIA HAS|GONE MISSING. NO NEED TO COME HERE AS WE HAVE OUR FULL|STAFF LOOKING FOR HER. YOU WOULD JUST BE IN THE WAY. DR HENRY HUMMER  SUPERINTENDENT OF THE CANTON ASYLUM FOR THE INSANE.

BRK194 12 VIA RM=A クリーブランド OH 18 152P 
ノーマン(ロイズ) ベリー、ヴァージニア ベリーの父(母) クリーブランド840 ベイツ通り 

あなたの娘さんのヴァージニアが行方不明になったことについて残念に思います。スタッフ全員で彼女を探していますのでおこしになる必要はありません。あなたはもう途上にあるかもしれませんが。

ヘンリー ハンマー医師 カントン精神病院 院長
両親の台詞
<開始直後>
How can I be in the way when no one's here?
ここに誰もいないときは、俺はどうすればいいんだ?
We may need a search team to go find the search team. Nobod's here
私たちは捜索チームを見つけるための捜索チームが必要かもしれない。

<ホールの階段を昇って…>
As if my daughter was missing and I wouldn't come.
娘が行方不明にならなかったら、来る事も無かっただろうな。
As if my daughter was missing and I wouldn't come.
娘が行方不明にならなかったら、来る事も無かったわね。

<変異後>
Holy.... Now you have my attention. Suddenly the funhouse doesn't look very fun.
まずいな…さあ、気をつけろよ。唐突なこのびっくりハウスはあまり楽しくはなさそうだ。
What the...? Where am I? I am not supposed to be here.
何なの…?ここはどこ?同じ場所ではないようね。

<ドア破壊後>
Who knew I was so good at breaking things?
俺が物を壊すのが得意だと知っている人間がいたかな?
Homemeaker turned homewrecker.
主婦が泥棒猫に変身ってわけね。

<板を剥がして…>
Lois says I'm no good with tools.
ロイズに言わせると、俺は道具の扱いが下手らしい。
Just call me 'Muscles.'
私をこう呼んでちょうだい、"筋肉マン"ってね。

<エレベーター前で…>
I'm guessing there's no hardware store close by.
近くに金物屋は無かったと思うが。
I'd call the front desk but I don't think they'll send anybody.
フロントを呼んだとしても、彼らが誰かを寄こしてくれるとは思えないわね。

<電気治療室で…>
The barbecue is now officially over.
バーベキューは今正式に終わった。
You are done enough.
もう十分よ。

<電気治療室配電盤で…>
I know a better place for this.
ここよりはよい場所だろうさ。
This looks like it would be useful.
これは役に立つかもしれないわね。

<エレベーター修理後>
I fixed it, but now I'm not sure I want to use it.
修理はした、しかしそれを使っていいものかどうか迷う。
It works! Now where will it take me.
動いた!さあ、私をどこに連れて行ってくれるのかしら。

<下水道で…>
Now we're cooking with gas.
さあ、ガスで料理中だ。
Not bad for a homemaker.
主婦にとっては悪くないわね。

<ベッドで…>
Hat Man repellant.
ハットマンはひどく不快だな。
Ginna left it just like she said.
ジーナの言ったとおりに置いてあるわ。

<礼拝堂で…>
You are not my daughter.
お前は俺の娘じゃない。
You're not fooling me. You're not my daughter.
私を騙すことは出来ないわよ、あなたは私の娘じゃない。

<対決>
You see Hat Man, now I'm not stuck here with you. You're stuck here with me.
見ろハットマン、今はお前が俺を追い詰めてるんじゃない。俺がお前を追い詰めたんだ。
Okay Hat Man. Now who is scaring the poop out of who?
いいわ、ハットマン。今怯えている間抜けは誰なのかしら?

<対決後>
Haha... Now how do I get out of here?
はは…さあ、どうやってここから出ようか?
If my friends could see me now.
さあ、友人たちと会えるかどうか。

日記 (1-9頁)
1ページ目
I’m lying awake in bed, my neck sore from sleeping on one pillow. I asked for another but I need a doctor’s order to have more than one. My sleep medicine has worn off and I’m, once again, a prisoner to my insomnia. I decided I might as well start writing things down like they asked. I’ll get bonus points toward extra dessert and something to do for now. I can hear the person in the next room snoring, people whispering and the phone ringing at the nurses's station outside. I’m remembering the dream I had last night where a tall man in a hat came to my bedside and told me he would take me away soon. I’m making a mental note to mention it to the doctor later.

私は眠らないでベッドに横になっている。この枕で眠ると首が痛い。別のを頼んだけど、それ以上に私は先生の指示を必要としている。睡眠薬が切れてしまって私は再び不眠症の虜となっている。私は彼らに言われた通り同様に書き留めることを始めようと決めた。追加のデザートのご褒美へのボーナスポイントになるし暇潰しにもなる。

隣の部屋の人のイビキ、人々の囁き声、外のナースセンターの電話の鳴る音が聞こえる。

私は昨夜の夢の内容を覚えている。帽子を被った背の高い男の人が私のベッドの脇に来て、私をすぐに連れ去るだろうと言った。私はドクターに後で話すために覚え書きを書いている。

--------------------------------------------------------------------------------------------------
2ページ目
Community group is over. I’m not sure who thought having insane people entertain each other was a good idea. Surprisingly, everybody was there today. Nobody killed themselves. That makes it a good day. Somebody cried today, but somebody always cries. Today’s goal is to keep myself distracted and try not to think of ways of killing myself. I told them I am past it. “Been there, done that,” I said, but they didn’t think it was funny.

交流会が終わった。精神を病んだ人たちがお互いを楽しませるようにすることが良いアイデアだなんて誰が考え付いたんだろう。

驚いたことに今日はみんながそこにいた。誰も自殺しなかった。良い日となった。

今日は誰かが泣いていた。いつも泣いている人もいる。今日の目標は気を紛らわせることに努め自殺の方法を考えないようにすることだ。私は彼らに自分も覚えがあるといい「経験し尽くした」といったが、彼らはそれを面白いとは思わなかった。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
3ページ目
I remember something else about my dream. The man in the hat was wearing all black. Even his hat was black and his skin was black. His eyes... I can’t describe his eyes. It was like he had no eyes. Just empty sockets that seemed to be pulling on my soul. I remember being so happy when he said he would take me away from here. But now I am afraid of where he might take me.

自分の夢について他にも覚えていることがある。帽子の男の服装は黒尽くめだった。帽子が黒かっただけでなく肌も黒かった。彼の目は…彼の目については表現しにくい。彼は目が無いようだった。私の魂を吸い寄せるかのようにぽっかり穴が開いているだけだった。彼が言うには、彼が私をここから連れ出したとき、私はとても幸せになれるとのことだった。しかし今は、彼が私を連れて行くのではないかと恐ろしい。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
4ページ目
Process group with the social workers seemed like a huge waste of time. Everything we talked about after they said we were having sloppy joes for lunch seemed to have nothing to do with me. I tried bringing up my dream but that just lead to a discussion of more medication. As everyone was getting up to leave, Tanya walked me to the bookcase, reached behind it and pulled out a book. She told me to read about the “shadow people” and specifically someone referred to as “the Hat Man.” She said I would find my answer there.

ソーシャルワーカーとの聞き取りの会合は大いに時間の無駄だった。彼らが言ったことにだだ頷くだけの話で、昼食の薄いコーヒーを飲んだだけだ。私がすべきことは何も無いようだ。私は夢についての話をしようとしたが、それはだだ薬を増やす結果をもたらしただけだった。みんなが解散しようとしていたとき、タニヤが近付いて来て後ろの本棚へ連れて行き、一冊の本を引き抜いた。彼女は私に"影の人々"、特に"ハットマン"と呼ばれている人物について読むように言った。彼女が言うにはそこに私の答えが見つかるという。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
5ページ目
For recreational therapy I read Tanya’s book. It was a journal written by other patients about their encounters in the asylum with the shadow people. A couple had even seen the Hat Man just the way I did. I was still reading when they called lights out. Now I don’t claim to know much, but reading about a man who paralyzes people, chokes them and steals their soul is not recommended reading for insomniacs just before bedtime. But now I know who I am dealing with. Even if it’s only the meds creating him in my head.

リクリエーション療法の間、私はタニヤの本を読んだ。それは保護施設で影の人々に遭遇した他の患者によって書かれた日記だった。2人に至ってはハットマンも見ていた。ちょうど私と同じように。消灯時間の知らせがあっても私はまだ読んでいた。あまり知りたいわけではなかったが、今私は人々を金縛りにする男について読んでいる。息を詰まらせ魂を盗むのだ。不眠症の人は寝る前に読むことはお勧めしない。しかし、今私が対峙している者が分かった。もし薬のせいで妄想に取り憑かれているのだとしても。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
6ページ目
I missed night meds tonight, but Tanya came to my room and left them with a note. After she left I read the note. It said, "Maybe not tonight". Was she talking about my meds? Maybe the Hat Man? I need my meds. It is the only way I can sleep. Although it is really quiet tonight. No snoring, no one at the nurses station, it’s as if I’m the only one here.

今夜の睡眠薬を無くしてしまった。しかし、タニヤが部屋へ来てメモと一緒にそれを置いていった。彼女が出て行った後メモを読んだ。"たぶん今夜じゃない" 私は彼女に薬について話したことがあったろうか?おそらくハットマンのことだろうか?私には薬が必要だ。それが無くては私は眠れない。今夜のように本当に静かな夜であっても。イビキも聞こえず、ナースセンターにも誰もいない。まるでここにいるのは自分ひとりであるかのようだ。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
7ページ目
I’m attaching a picture here from the book of the Hat Man. If I go missing, you go look for him. What if I disappear and no one comes looking? I need to make it through the night.

ハットマンの本の絵をここに貼り付けた。もし私が行方不明になったら、彼を探しに行って。私が消えても誰も探しに来なかったらどうしよう?夜が過ぎるのを待たないと。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
8ページ目
I’ve definitely crossed over to somewhere. I’m not dead. At least I don’t think I am. My butt still hurts from the chair I sat in while reading. This place is like the hospital after they let it go for a century or two. Just before I got here, I remember seeing the Hat Man and I tried to escape, but he got into my head. It’s those eyes.

私ははっきりとどこかへと渡った。私は死んでいない。少なくとも自分ではそう思っている。読んでいる間に座っていた椅子のせいでお尻がまだ痛い。

この場所はまるで数世紀放置されたままの病院のようだ。

ここに着くちょうど前、私はハットマンを見て逃げようとしていたことを思い出したが、彼は私の頭の中に入り込んできた、あの目だ。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
9ページ目
I found a flashlight. This looks like some sort of limbo. Somewhere between life and death. The best part - nobody here to tell me what to do. Strange I still have my journal. I was holding it when I got here. If I learn anything I will write it in my journal. It seems like it might be the key if I ever want to go back.

懐中電灯を見つけた。辺獄みたいなところだ。生と死の間の土地。最高に思えるのは…誰も私に何かをしろとは言わないことだ。

不思議なことに、私はまだ自分の日記を持っている。ここに着いたとき抱えていたのだ。もし何かを知ったら日記にそれを記すだろう。もし戻りたくなったらそれが鍵となるかもしれない。
日記 (10-19頁)
10ページ目
I’ve not seen him here yet, but I heard him. As soon as I did, I hid and let him pass by. It’s like he knows I am here, but not where I am. I think when I don’t move he loses track of me. I tried crouching and turning off the flashlight and those seem to help. He seemed to go away faster. Running is the worst, so I try not to run. When he was near, I could hear my own heart beating. I’ve never been this scared.

私はここでは彼をまだ見ていないが、聞こえている。出来るだけすぐ隠れて彼をやり過ごした。彼は私がここにいるのを知っているが、どこにいるかまでは分からないようだ。私が動かないでいると彼は私を見失うのだと思う。しゃがんで懐中電灯を消してみた。それは助けになったようで、彼は素早く行ってしまったようだ。走るのは一番悪い、だから私は走ろうと思わない。

彼が近くにいたとき、自分の心臓がバクバクなるのを聞いた。こんなに怖いと思ったことは無い。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
11ページ目
This place is really messed up. I go down one hall, backtrack and everything has changed. If this is a maze then I have no idea which way is forward. But since I can’t go back, I need to keep looking. There has to be something to this place and I need to find it.

この場所は本当に滅茶苦茶だ。ある広間に下りて同じ道を戻ってみると、全てが変わっていた。もしこれが迷宮ならどうやって進んだらいいのか分からない。戻ることは出来ないので、しっかり目を見張る必要がある。この場所には何かがあるはずだ。それを見つけないと。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
12ページ目
I didn’t see him but I heard him. He was so close I heard his grown. After he left I realized the hallway I ran down has a huge hole in it. If he had chased me down I would have been stuck. Literally. There are huge spikes at the bottom. The only thing big enough to put across it is the board nailed into the wall next to it, but I’m not strong enough to pry it off. I need to avoid this hallway. Hopefully I won’t be its next victim.

私は彼を見なかったが聞こえていた。彼はとても近くにいて大きくなるのを聞いた。彼が行ってしまってから、私が駆け込んだ通路にはとても大きな穴があるのに気が付いた。もし彼が私を追って来ていたら、文字通り追い詰められていただろう。底には巨大な木杭がある。これに渡すのに十分に大きなものは隣の壁に釘で打ち付けられた板だけだ。しかし、私はそれをテコで抜けるほど力は強くない。

この通路は避けるべきだ。私がその次の生贄にならないといいのだが。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
13ページ目
Something happened. The hallway with a hole in it now has a board across it. It’s like the wall just crumbled. Or somebody made it crumble. Maybe there is somebody else in here after all. If there is, I have to find them. Or if you read this, maybe you can find me.

何かが起こった。あの穴のある通路には今は板が渡されている。ちょうど壁が崩れたようだ。でなければ誰かが崩したか。多分、ここには他の誰かがいる。もしそうなら彼らを見つけなければ。もしくは、これを読んでいるあなたが私を多分見つけてくれるだろう。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
14ページ目
Is this a dream or was I dreaming before? Maybe it’s the drugs. It is nice here, in a way. No one judging me. Nothing expected of me. No one to disappoint. What does the Hat Man want from me? Doesn’t he know that I already challenged death and won? Life is consciousness and I am here. He can’t beat me. I am coming for you Hat Man. I just need to figure out how to beat him.

これは夢なのか、それとも前から夢を見ていたのか?多分それは麻薬だ。

ある意味それは素晴らしい。誰も咎めず、何も私に期待しない。失望する者もいない。

ハットマンは私に何を望んでいるのか?彼は私は既に死を克服し、勝利したことを知らないのか?生きている実感があり私はここにいる。彼は私を倒せない。私はハットマン、あなたのために来ている。私は彼をどうやって倒せるかを解き明かす必要がある。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
15ページ目
A broken elevator? I don’t think the maintenance crew has been here in a couple decades. Could it even be fixed? I wonder where it goes. Up I hope.

壊れたエレベーター?何十年間もの間ここに保守要員がいるのかは分からない。修理される可能性はあるのだろうか?それは何処へ行くのだろう。上に行くといいのだが。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
16ページ目
This is messed up. I just wandered into what has to be the electro-shock room and there is somebody in there still getting treated with no one to turn it off. That is so wrong. Maybe that is what the Hat Man wants me for. A new person to char broil for all of eternity. Well that’s not me. Time to be a little more careful where I step. It looks like this place is playing for keeps.

困惑する。私は電気ショック室に違いない部屋にさ迷い込んだ。そこには誰かがいて、電源を切る者がいないままにまだ治療が行われている。こんなの絶対おかしい。きっと、ハットマンが私にしたかったことだ。永遠に焼かれて黒焦げになる新たな人間。そう、それは私じゃない。足を踏み入れる場所にはもう少し注意して一息置こう。この場所は永遠の遊び場のようだ。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
17ページ目
The elevator is working now. How is that possible? I’m getting the feeling here that someone is here with me. But I don’t see anyone. Is someone reading my journal entries? But that can’t be possible. My journal is with me all the time. I read somewhere that fear is a primal reaction to the unknown. The more time I spend here, the more I realize that I don’t know. The more I ’m afraid.

エレベーターが今は動いている。どうしてこうなったのか?私は誰かが私と共にここにいるのを感じてきている。しかし私は誰も見ていない。私の日記の記述を読んでいる誰かなのか?しかし、そんな可能性があるとは思えない。私の日記は私がずっと持っている。

私はどこかで読んだことがある。恐怖とは未知なる物への原初的な反応なのである、と。ここで時間を費やせば費やすほど、私が何も分かっていないことを自覚し、ますます怖くなるのだ。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
18ページ目
Rode down the elevator since there was no up option. I’m not sure how many floors it was. There are a lot of new rooms here. My favorite is the Morgue. I can’t move the drawers. They won’t open or close. But one was open far enough and I was small enough that I climbed in. It was empty. I figured I could lie down and rest and the Hat Man would never get me. I peeked out when he was in the room and he never came near me. At the far end of the drawer I found a cross. I figure it is my good luck piece so I'm ging to keep it.

上に行くボタンが無いのでエレベーターで下に行く。何階くらいだったのかははっきりしない。ここには新しい沢山の部屋がある。私のお気に入りは死体安置所だ。私は引き出しを開けることが出来ない。それらは開きも閉じもしない。しかし一つが十分なくらい開いた。そして私は中によじ登れるほどには小さい。それは空っぽだった。私は横になって休憩できると思った。ハットマンは絶対に私を見つけられないだろう。彼が部屋の中にいたときに、ちらっと覗いたが、彼は一度も私の近くに来なかった。

一番端の引き出しで十字架を見つけた。それはとても幸運をもたらしてくれるものだと思ったので、持っていることにする。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
19ページ目
I’m starting to think I may be here forever. My own private Hell. Not that anyone will miss me. And I don’t blame them. I was pretty mean to all of them. It’s frustrating that the world does not work the way it does in my head. They thought I was the strong one, that I didn’t hurt. Well I showed them. And now I’m gone. I don’t even know if they’re missing me? Did they even notice? Will they even care? Because I want them to care. At least now I do. I need to go back. I have no idea if I even can, but I need to go back. Okay Hat Man. You and me need to have a little talk.

私は永遠にここにいなければならないかもしれないと考え始めている。私専用の地獄。私がいなくても誰も寂しくない。そのことで彼らを咎めたりはしない。私は彼ら全員に対して随分と不親切だったから。世界は私は思い描くようには動かない。彼らは私が強い、傷つけられないような人間だと思っていた。そう私は見せていた。

今私は去った。彼らは私がいなくなったことさえ知らないのではないのか?彼らは注意を払っているのか?彼らは心配するだろうか?なぜなら私は彼らに心配して欲しいのだ。少なくとも今、私はそうする。

私は戻る必要がある。可能かさえ分からないが私は戻らなければ。そう、ハットマン、あなたと私は少し話をしなくてはならない。
日記 (20-22頁)
20ページ目
That was a close one. The Hat Man cornered me. I had nowhere to go. So I pulled out my lucky cross and he backed off. Something about it makes him stay away. I asked him like a thousand questions and he just stared at me. When I asked him about getting out of here a bunch of images flashed through my head. The first was my Dad(Mom) carrying my lucky cross and entering a cave. The second was my journal, but it was all dark and creepy and on fire. The third was in some chapel and the Hat Man, my creepy journal and I think it was me, all just suddenly disappeared. After seeing that, I got past him and ran. I needed to get away to write it down since I couldn't hold the cross and write at the same time. I found a safe place. Now what to do?

それは一つの終わりだった。ハットマンは私を追い詰めた。私には行き場が無かった。それで私が幸運の十字架を取り出すと、彼は後ずさった。その何かが彼を押しとどめている。

私は彼に千の質問を浴びせると、彼は私を見つめた。私はここから出る方法について質問した。多くのイメージが頭の中に瞬いた。最初は私の幸運の十字架を持って洞窟に入って行ったパパ(ママ)だった。次は私の日記。しかしそれは全部真っ黒で這い回り、燃えていた。3番目はとある礼拝堂の中、そしてハットマンと私の這い回る日記。それは私だったのだと思う。全てが突然に消えた。

それを見た後、私は彼を通り越し走った。十字架を持ったまま同時に書くことは出来ないので、私はそれを書き留めるために出て行かなくてはならなかったのだ。私は安全な場所を見つけた。これからどうする?
-------------------------------------------------------------------------------------------------
21ページ目
From the beginning I have felt someone here is helping me. Someone is reading my journal or my mind and helping me deal with my problems. As hard as it is to imagine, the Hat Man actually showed me my Dad(Mom) here trying to find me. Trying to get me home. The thing I don’t get is he(she) was carrying my lucky cross. He(She) could never have gotten to it even if he(she) knew where it was. Maybe it’s my turn to help him(her). Dad(Mom), if you’re reading this, I’m putting the cross on my bed, then I’ll go hide. Find my bed and it’ll be right there. Maybe I don’t deserve it but I need your help. I want another chance. I want to go back. It's up to you.

始めからここにいる誰かが私を助けてくれると感じていた。誰かが私の日記、もしくは心を読んでいて私が問題に対処するのを助けてくれている。想像しがたいが、ハットマンは実際に私のパパ(ママ)がここで私を見つけようとしてくれていることを示した。私が分からなかったのは彼(彼女)が私の幸運の十字架を持っていたことだ。それがどこにあるか知っていたとしても。それを手に入れることは出来なかっただろう。きっと私が彼(彼女)を助ける番だ。

パパ(ママ)、もしあなたがこれを読んでいるのなら、私は自分のベッドに十字架を置いています。それから私は隠れます。私のベッドを見つければ、それはそこにあるでしょう。

きっと、それは私が持っているべきものではないですが、私はあなたの助けが必要なのです。私はもう一度チャンスがほしい。戻りたい。それはあなた次第なのです。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
22ページ目
After getting back, the nurses said I slept for 2 days. No one is sure how long I was gone, but it's over. I still want to get out of the hospital, but my doctor says it is for all the good reasons he has been hoping for. I appreciate everyone more and can see all the little things so many people do to help me every day. Life is hard, but we’re not here alone. Sometimes by helping others I’m helping myself as well. Then we all win. I love you Dad(Mom)!

戻った後、看護師たちによると私は2日間眠っていたらしい。誰も私がどのくらいの期間いなくなっていたのかを正確には知らない。私はもう退院したいが、私の先生が言うには彼が望んでいたよい結果になったので賛成だということだ。
私はよりみんなに感謝し、毎日私を助けてくれるとても多くの人たちのするちょっとしたことも全て気が付くようになった。

人生は困難なものだが私たちはここに一人ではない。時々他人を助けることで同様に自分自身をも助けているのだ。そう私たちはみんな勝者だ。愛しています。パパ(ママ)!
< >
7 Comments
bo2n1185 Sep 6, 2016 @ 5:52am 
またまたアップロードしたファイルが落ちたようなので
再アップしました。
https://www.axfc.net/u/3715939
DLパスワードはhatjp

今回ファイルの形式を変更して
落としてきたhatmanjp.exeを
<hatmanフォルダ>\The Hat Man_Data
内で実行するだけでresources.assetsを書き換えるようにしました。
bo2n1185 Oct 30, 2015 @ 5:57pm 
アップロードしたファイルがサイトが落ちていて
DLできないようなのでリンクを変えました。
http://www1.axfc.net/u/3558577
DLパスワードはhatjp
Kosiki  [author] Jul 18, 2015 @ 8:05am 
日本語化作業お疲れ様です。
フォントも見易く、しっかり日本語化されていて感動しているところです。

僭越ながらテストプレイにて気が付いた点を報告させて頂きます。
動作に関してはフリーズ等の不具合はありませんでした。
訳文に関しては、日記18ページの「タンス」について、これは「死体安置棚」か「引き出し」の方が適当かもしれません。
あとは日記17ページの冒頭の文章が少しおかしいようです。

報告は以上になります。宜しかったら参考にしてください。
bo2n1185 Jul 15, 2015 @ 8:07am 
利用快諾ありがとうございます。
一旦作業が完了したので報告します。以下の手順で日本語化出来ると思います。
序盤の文章が変わっていることは確認しましたが
まだ最後まで遊べてないので修正箇所があればコメントお願いします。

---------------------
用意するもの:
・Unity Asset Editor BETA1
http://7daystodie.com/forums/showthread.php?13157-Grim-s-UAE-BETA
 にあるBETA1をDLし解凍
・差替テキストファイル
https://kie.nu/2DU_
 にあるファイルをDLし解凍

手順:
1.Unity Asset Editor BETA1を起動しメニューのfile→openから以下のファイルを開く
<hatmanフォルダ>\The Hat Man_Data\resources.assets

2.その中にあるEN_Sheet1の行を右クリックしimportから差替テキストファイルのEN_Sheet1.txtを選択

3.メニューのfile→Save asからresources.assetsの名前で保存

4.上記1.のファイルと差し替える
Kosiki  [author] Jul 15, 2015 @ 3:46am 
日本語化の件について承りました。当ガイドのテキストを利用して頂いて構いませし、技術的な問題から来るテキストの改変・調整もして頂いて結構です。完成しましたらご一報頂ければ嬉しく思います。
bo2n1185 Jul 14, 2015 @ 8:00am 
日本語化できそうなんですが、こちらにあるテキストを使用してもいいでしょうか。
日記は1ページ表示できる行数に制限があるため長いページは私のほうで短くします。
Kosiki  [author] Jul 3, 2015 @ 10:06pm 
サブタイトルのwardは一応「病棟」と訳していますが、おそらく「病棟」と「番人」二つの意味を持たせているんだと思います。参考までに。