Insurgency

Insurgency

105 ratings
Insurgency:サーバーの建て方
By Infinita
Insurgencyのデディケイテッドサーバーの建て方を解説します。
Windows向けに制作されておりますので、Linux系の方はご注意ください。
   
Award
Favorite
Favorited
Unfavorite
第1章:サーバーの建て方(基礎編)
この章では、ゲームモードはcheckpointのみ、最大8人coopの基本的なデディケイテッドサーバーの建て方を解説していきます。
1-1. まず始めにインストールしておきたいアプリ
Notepad++はサーバーのセッティングファイルを編集する際に非常に便利なテキストエディターですので、まずはNotepad++をインストールしてから、サーバーを導入することをお奨めします。
また、テキストエディターには他にもSublime Textなどもありますので、ご自身で使用したいものをお好みで選んでください。

[ Notepad++ ]
https://notepad-plus-plus.org/

[ Sublime Text ]
https://www.sublimetext.com/
1-2. ポートを開放する
Insurgencyのサーバーに必要なポートは2700527015で、UDPTCPの両方です。
ポート開放の方法については、ルーターによって設定が異なるので、
自分が使用しているルーター名で調べてみてください。
1-3. サーバーファイルをダウンロードする
steamクライアントのライブラリからツールを選びます。

"Insurgency Dedicated Server"をダウンロードし、インストールします。
1-4. サーバーの起動用ファイルを作成する
インストールが完了したらフォルダを確認してください。
Insurgency Dedicated Serverというフォルダがインストールしたサーバーファイルのあるディレクトリです。
環境によって異なりますが、一般的には下記のようなディレクトリになっていることが多いです。
C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Insurgency Dedicated Server\

サーバーのセッティングはここを基点として行いますので、このフォルダにアクセスしやすい状態にしておくと便利です。
まずこのフォルダを開くとサーバーを起動するためのファイルsrcds.exeがありますが、
このsrcds.exeをそのまま起動しても正常に動作しません。
サーバーを起動するためのバッチファイルを用意する必要があります。
まず、srcds.exeのあるディレクトリに新規テキストファイルを作成します。
作成した新規テキストファイルのファイル名を"Startup"に変更し、拡張子を".bat"に変更します。
具体的には以下のようになります。
Startup.bat

この"Startup.bat"をテキストエディターで開き、以下のコードをペーストして保存します。
なお、改行する必要はありません。
start /abovenormal srcds.exe +sv_lan 0 +map ministry_coop checkpoint +maxplayers 32

個々のコマンドについては以下の通りです。
名称
概要
start
起動するためのコマンド
/abovenormal
優先度を通常以上に設定
srcds.exe
サーバー起動ファイル名
+sv_lan 0
サーバーをパブリックにするかどうか
+map ministry_coop checkpoint
起動時のマップとゲームモード設定
+maxplayers 32
最大プレイヤー数の設定(BOT含む)

以上でサーバー起動用ファイルの作成は完了です。
マップや最大プレイヤー数などは必要に応じて変更してください。
基本的には常にこのバッチファイルからサーバーを起動することになります。
1-5. サーバーのセッティング
次に、基本的なサーバーのセッティングを行います。
まずは下記のディレクトリまで移動します。
C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Insurgency Dedicated Server\insurgency\cfg\

移動したら、まず始めに新規テキストファイルを作成します。
作成した新規テキストファイルのファイル名を"server"に変更し、拡張子を".cfg"に変更します。
具体的には以下のようになります。
server.cfg

この"server.cfg"をテキストエディターで開き、以下のコードをペーストして保存します。
/////////////BASIC////////// "hostname" "Kenmo Test Server" // サーバーの名前 "rcon_password" "kenmoukun" // rconのパスワード "sv_password" "poverty" // 通常のパスワード /////////////LOGGING///////////// "log" "on" // ログファイルを残す "sv_logbans" "1" "sv_logecho" "1" "sv_logfile" "1" "sv_log_onefile" "1" /////////////BAN LIST///////////// "sv_nwi_banlist" "1" // 公式バンリスト "exec" "banned_user.cfg" // 個人用バンリスト(ID) "exec" "banned_ip.cfg" // 個人用バンリスト(IP) "writeid" "writeip" /////////////MAPCYCLE FILE///////////// "mapcyclefile" "mapcycle_checkpoint.txt" // ここで指定したファイルに記述されたマップのみをプレイすることが出来る /////////////MISCELLANEOUS///////////// "mp_coop_lobbysize" "8" // ゲーム参加人数の設定 "sv_visiblemaxplayers" "8" // サーバーブラウザから見える最大人数表記 "sv_deadtalk" "1" // 死者のチャット表示 "sv_maxrate" "30000" // クライアントが受信することが出来る最大データレート

以上でサーバーのセッティングは完了です。
サーバー名やパスワード、ゲーム参加人数などは必要に応じて変更してください。
1-6. ゲームモードのセッティング
次に、ゲームモード(checkpoint)のセッティングを行います。
サーバーのセッティング時と同様に、まずは下記のディレクトリまで移動します。
C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Insurgency Dedicated Server\insurgency\cfg\

移動したら、まず始めに新規テキストファイルを作成します。
作成した新規テキストファイルのファイル名を"server_checkpoint"に変更し、拡張子を".cfg"に変更します。
具体的には以下のようになります。
server_checkpoint.cfg

この"server_checkpoint.cfg"をテキストエディターで開き、以下のコードをペーストして保存します。
"mp_maxgames" "1" "mp_maxrounds" "5" "mp_winlimit_coop" "1" "mp_roundtime" "900" "mp_cp_capture_time" "30" "mp_cp_deteriorate_time" "0" "mp_player_resupply_delay_base" "20" "mp_supply_token_base" "15" "mp_supply_token_bot_base" "18" "mp_supply_rate_losing_team_high" "1" "mp_supply_rate_losing_team_low" "1" "mp_supply_rate_winning_team_high" "1" "mp_supply_rate_winning_team_low" "1" "mp_checkpoint_counterattack_always" "1" //常にカウンターアタックがあるかどうか "mp_checkpoint_counterattack_capture_speedup" "0" //カウンターアタック時にBOTがキャプチャーするスピード(0はキャプチャーしない) "mp_checkpoint_counterattack_delay" "10" //カウンターアタック時のBOTがスポーンするまでの時間 "mp_checkpoint_counterattack_delay_finale" "12" //最後のカウンターアタック時のBOTがスポーンするまでの時間 "mp_checkpoint_counterattack_disable" "0" //カウンターアタックの有無(1=カウンターアタック無) "mp_checkpoint_counterattack_duration" "70" //カウンターアタックの時間 "mp_checkpoint_counterattack_duration_finale" "120" //最後のカウンターアタックの時間 "mp_checkpoint_counterattack_wave_finale" "60" //最後のカウンターアタック時のBOTがスポーンするウェーブの最終時間 "ins_bot_count_checkpoint" "0" "ins_bot_count_checkpoint_min" "12" //最小BOT数 "ins_bot_count_checkpoint_max" "24" //最大BOT数 "ins_bot_count_checkpoint_default" "0" //この値を0にした場合、BOT数はプレイヤー数によって上記の二項目で設定したBOT数の間で変動する "ins_bot_rpg_minimum_player_cluster" "2" "ins_bot_rpg_player_cluster_radius" "460" "ins_bot_rpg_player_cluster_bloat" "20" "ins_bot_difficulty" "3" //BOTの強さ(0-3) "ins_bot_change_difficulty" "1" //いつBOTの強さを変更するか(1 = instantly, 0 = when new bots are added) "mp_coop_max_bots" "24" //BOTの最大数

以上でゲームモードのセッティングは完了です。
各数値は必要に応じて変更してください。
1-7. サーバーの起動と終了
ここまでで基本的なサーバー設定は全て完了しました。
先ほど作成した"Startup.bat"からサーバーを起動すれば設定した通りに稼動します。
サーバーを終了したい時には"quit"と打ち込んでエンターを押すことで終了出来ます。
第2章:カスタムマップの導入
この章では、1章で構築したサーバーにワークショップ経由でカスタムマップを導入する手順を解説していきます。

カスタムマップを導入する手順は他にもありますが、
この手順で導入することで、カスタムマップファイルがクライアント側に自動でダウンロードされるようになりますので、クライアント側にとって非常に便利です。
2-1. ワークショップを有効にする
カスタムマップを導入するためには、サーバーのワークショップ設定を有効にする必要があります。
デフォルトでは無効となっていますので、以下の手順で有効化してください。


第1章で作成した"Startup.bat"をテキストエディターで開き、下記のコマンドを追加します。
+sv_workshop_enabled 1

実際に追加すると以下のようになります。
start /abovenormal srcds.exe +sv_workshop_enabled 1 +sv_lan 0 +map ministry_coop checkpoint +maxplayers 32
2-2. サブスクライブのセッティング
次に、サブスクライブのセッティングを行います。
まずは下記のディレクトリまで移動します。
C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Insurgency Dedicated Server\insurgency\

移動したら、まず始めに新規テキストファイルを作成します。
作成した新規テキストファイルのファイル名を"subscribed_file_ids"に変更します。
拡張子は".txt"のままでかまいません。
具体的には以下のようになります。
subscribed_file_ids.txt

この"subscribed_file_ids"にサーバーに導入したいカスタムマップのIDを記述することでサブスクライブのセッティングが出来ます。
一例として以下のカスタムマップを導入してみましょう。
https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=426720530

"subscribed_file_ids.txt"をテキストエディターで開きます。
上記のワークショップのページを開き、URL末尾の"id=426720530"の数字部分を"subscribed_file_ids.txt"に記述します。
具体的には以下のようになります。
426720530

これだけでは管理がし辛いので、ワークショップのタイトルを以下のようにコメントアウトで追加し、保存します。
//Baghdad 426720530

以上でサブスクライブのセッティングは完了です。
注意事項:他のカスタムマップを追加する場合は必ず改行して記述するようにしてください。
2-3. カスタムマップをダウンロードする
サーバーにカスタムマップのファイルをダウンロードさせます。
もしサーバーを構築しているPCでsteamクライアントを起動しているのであれば、steamクライアントを終了してください。
終了したら、"Startup.bat"からサーバーを起動してください。
以下のように表示されればダウンロードは完了ですので、"quit"と打ち込みサーバーを終了させてください。
2-4. マップサイクルファイルのセッティング
まず始めに、カスタムマップサイクルファイルの作成を行います。
下記のディレクトリまで移動します。
C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Insurgency Dedicated Server\insurgency\

移動したら、新規テキストファイルを作成します。
作成した新規テキストファイルのファイル名を"mapcycle_checkpoint_custom"に変更します。
拡張子は".txt"のままでかまいません。
具体的には以下のようになります。
mapcycle_checkpoint_custom.txt

この"mapcycle_checkpoint_custom"をテキストエディターで開き、公式マップのリスト及びゲームモードをペーストします。
マップは一行ずつ区切ってください。
具体的には以下のようになります。
buhriz_coop checkpoint district_coop checkpoint embassy_coop checkpoint heights_coop checkpoint market_coop checkpoint ministry_coop checkpoint revolt_coop checkpoint siege_coop checkpoint sinjar_coop checkpoint tell_coop checkpoint verticality_coop checkpoint

次に、"mapcycle_checkpoint_custom.txt"にカスタムマップのファイルネームを追加するために、先ほどダウンロードしたカスタムマップのファイルネームの確認作業を行います。
下記のディレクトリまで移動します。
C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Insurgency Dedicated Server\steamapps\workshop\content\222880\426720530\maps\

移動したら、以下を参考にしてファイルネームを確認し、コピーしてください。

開いたままの"mapcycle_checkpoint_custom.txt"に、先ほど確認したファイルネームとゲームモードを追加し、保存します。
具体的には以下のようになります。
buhriz_coop checkpoint district_coop checkpoint embassy_coop checkpoint heights_coop checkpoint market_coop checkpoint ministry_coop checkpoint revolt_coop checkpoint siege_coop checkpoint sinjar_coop checkpoint tell_coop checkpoint verticality_coop checkpoint baghdad_b5 checkpoint

以上でカスタムマップサイクルファイルのセッティングは完了です。
注意事項:他のカスタムマップを追加する場合は必ず改行して記述するようにしてください。
2-5. マップサイクルファイルを指定する
先ほど作成したカスタムマップサイクルファイル"mapcycle_checkpoint_custom.txt"をサーバーに読み込ませるために、サーバーファイルを編集し、読み込むカスタムマップサイクルファイルを指定します。
まず始めに、第1章で作成した"server.cfg"をテキストエディターで開き、以下の部分を編集してください。
/////////////MAPCYCLE FILE///////////// "mapcyclefile" "mapcycle_checkpoint.txt" // ここで指定したファイルに記述されたマップのみをプレイすることが出来る

"mapcycle_checkpoint.txt"の部分を先ほど作成したカスタムマップサイクルファイルのファイルネームに変更してください。
変更後は、以下のようになります。
/////////////MAPCYCLE FILE///////////// "mapcyclefile" "mapcycle_checkpoint_custom.txt" // ここで指定したファイルに記述されたマップのみをプレイすることが出来る

以上でマップサイクルファイルの指定は完了です。
2-6. サーバーの起動とマップ変更
ここまででカスタムマップの導入作業は全て完了しました。
"Startup.bat"からサーバーを起動することで、カスタムマップを使用出来る状態になります。
サーバーを起動後、下記のコマンドを入力し、エンターを押すことで導入したカスタムマップに変更することが出来ます。
map baghdad_b5 checkpoint

注意事項:不具合が発生する場合があるので、起動時のマップにカスタムマップを指定しないでください。
ex. 最後に
プレイ可能人数を16人にする方法については、今後このガイドに追記か、新規ガイドを作成して解説できればと考えています。
< >
60 Comments
Infinita  [author] Apr 27, 2018 @ 3:39pm 
>>Serial_ExpLain さん
Startup.batというファイル名に変更してもテキストファイルとして扱われてしまう場合、
エクスプローラで拡張子を表示する設定がされていない可能性があります。
拡張子の表示方法については、googleなどの検索エンジンにてお使いのOS名に続けて
「拡張子 表示」を打ち込み検索してご確認ください。
例:Windows 10 拡張子 表示
Serial_ExpLain Apr 27, 2018 @ 3:17pm 
Startupに拡張子.batを付けてStartup.batにしてもテキストファイル扱いで起動する気配がありません…
K_Clematis Aug 16, 2017 @ 5:04am 
おおおありがとうございます!
Infinita  [author] Aug 15, 2017 @ 10:52am 
>>rahauru_jp[kiwami]さん
8月15日のアップデートによりBOT数が自動調節されない不具合がfixされたようです。
K_Clematis Feb 27, 2017 @ 4:49pm 
とても困っていたので、助かりました!!!
本当にありがとうございます X3
Infinita  [author] Feb 27, 2017 @ 11:36am 
>>rahauru_jp[kiwami]さん
こちらでもその問題は確認しています。
最近のアップデートでプレイ可能人数を変更するCVAR"mp_coop_lobbysize"の最大値制限が撤廃されたので、その影響によるバグなのかなと思います。
フィックスされるまでは"ins_bot_count_checkpoint_default"を任意の数値に設定してBot数を固定するしかないと思います。
K_Clematis Feb 27, 2017 @ 6:28am 
とても参考にさせてもらってます!
質問があるのですが、
最近のアップデートで「"ins_bot_count_checkpoint_default" "0"」が反映されず、プレイヤーに
合わせてBotが増えなくなりました。
鯖を作り直しても同じ結果でした。何か知っていると教えていただければ嬉しいです。
him_jpn Aug 12, 2016 @ 9:44pm 
ありがとうございます。デフォルトの武器構成が謎です

Infinita  [author] Aug 12, 2016 @ 7:50pm 
>>poketarouさん
作成したフォルダworkshop001を同フォルダ内にあるvpk.exeにドラッグ&ドロップすると、workshop001.vpkというvpkファイルが作成されます。
作成されたworkshop001.vpkをワークショップにアップロード後、当ガイドのカスタムマップの導入を参考にし、サーバーのサブスクライブ設定をします。
以上で完了です。
Infinita  [author] Aug 12, 2016 @ 7:50pm 
>>poketarouさん
Steam\steamapps\common\Insurgency Dedicated Server\insurgency\にscriptsという名前のフォルダを作成後、更に作成したscriptsフォルダ内にtheatersというフォルダを作成し、そこに先ほど編集したシアターファイルを移動します。
ここまででサーバー側の設定は完了しましたが、このままではクライアントは編集されたシアターファイルを受け取ることができないので、ここでは一例としてワークショップにアップロードします。
Steam\steamapps\common\insurgency2\bin\にworkshop001というフォルダを作成し、そこに先ほど作成したscriptsフォルダを中身ごとそのままコピーします。