Reus
29 ratings
Reus ~新世紀を乗り切るために~
By Wisdom
ここではReusをプレイするにあたっての基本的なゲームの流れについて解説していきたいと思います。
このガイドを読んで少しでもプレイの参考にして頂ければ幸いです。
 
Rate  
Favorite
Favorited
Unfavorite
REUSって……?
Reusは、限られた時間の中で沼・海・山・森の巨人達の力を用いて
荒れ果てた大地を開拓し村を作り人類を繁栄させていくゲームです
人類がどう繁栄を遂げるのか、全てはプレイヤーに掛かっています

はじめに
  • モード選択
    まず始めに『beginning』『Era』、『Freeplay』の3つのモードから選択する必要があります。
    上の画像では「Era」を選択できるようになっていますが、Reusを初めて起動した際には
    チュートリアルの『beginning』か『Freeplay』のみ選択できます。
    『beginning』クリア後に『Era』が選択出来るようになります。
    『Era』では『Time limit』を決める必要があり、30・60・120分から選べます。
    ただし、最初に選択できるのは30分のみで、残りを解放するためにはゲーム中に
    『アチーブメント』を規定数達成する必要があります。
    『アチーブメント』はゲーム中で使用できる資源をアンロックできるので積極的に挑戦してください!『アチーブメント』はゲームを開始すると最初に一覧が出るのでそれを確認してください。
    またもっと詳細に設定したければ「Advanced」を選択してください。



  • 巨人について
    巨人たちはそれぞれ異なる能力を持っていて、人類の繁栄にはそれらの能力が欠かせません。以下が各巨人の解説になります。

    沼の巨人(swamp Giant)

    沼地の開拓が出来る。沼地にできる村は技術力資源を利用した建物が建ちやすい。
    沼地の開拓には近くに海があることが条件。
    科学力と自然を生産する植物や富を生産する動物を生み出すことが出来る。
    また村に継続ダメージを与える『汚泥爆弾』スキルを持つ

    森の巨人(Forest Giant)

    森の開拓が出来る。森にできる村は食料資源を利用した建物が建ちやすい。
    森の開拓には近くに海があることが条件。
    食料を生産する植物を生み出すことが出来る。
    また、1つの地点の資源の生産力を増やしたり、Aspectの効果を高めるスキルを持つ。
    さらに植物を大陸から大陸に移し替えるスキルを持つ。

    山の巨人(Rock Giant)

    山の開拓が出来る。山の開拓には海は必要ない。また山を開拓した際、周囲の大地の近くに海があれば森に無ければ砂漠になる。海を遮るようにすると水の供給を遮ることが可能。
    また海を平地にすることが可能。
    砂漠にできる村には富資源を利用した建物が建ちやすい。山には村ができない。
    富を生み出す鉱山と科学力を生産する鉱山を生み出すことが出来る。
    また村に壊滅的な被害を与える『地震』スキルを持つ。


    海の巨人(Ocean Giant)

    森・沼地を創造するために必要な海を生み出すことが出来る。
    また巨人のHPを回復させたり、『津波』スキルを持つ。
    食料を生産する動物を生み出すことが出来る
    海には村は出来ない。
    さらに『モンスーン』スキルで広範囲の資源の生産力とAspect効果を高めることが出来る。
    そして唯一巨人たちの体力を回復させるスキルを使うことが出来る。

ゲーム開始
モード選択しゲームを開始すると沼・海・山・森の巨人達が眠りから目覚めます。
それぞれ左から森・沼・山・海の順に並んでいます。

                



   ←全体図








村の誕生
  • 土台作り
    では実際に村を作ってみましょう!今回は森の巨人と海の巨人を使って森に村を創りたいと思います。
    森の開拓には海が必要なため海の巨人で海を開拓します。
    海に隣接する大地の色が濃くなったのが分かりますか?これで森または沼を開拓することが出来るようになりました!


    次に森の巨人で森を開拓していきます。開拓スキルを選択して大地を選択すると大地の下の部分に水滴のマークが表示されます。水滴1つ分が1マスで下の画像を見ると13マス分、大地に水が供給されていることが分かります。





     

           ←森を開拓    


                 


  • 資源の作成
    村を作るための準備が出来たので、今度は資源を森に作成します。
    森の巨人の資源作成スキルを選択し、資源を作成したい場所を選択しましょう。
    下の画像では『blue berry』が作成されています。
    資源を作成して少しすると『遊牧民』が資源の近くに出現します。
    見辛いですが下の画像で青線で囲まれているのが遊牧民です。
    遊牧民は7マス分のスペースを見つけると、そこに村を作ります。

    遊牧民が村を作成すると一定の人口に達するまで新しい『遊牧民』が出現しなくなります。左の画像のものが人口を表すメーターです。『1』と書いてある部分が現在の人口です。人口が増えるとこの値と横のゲージが増えていきます。ゲージが最大になるとまた資源のある場所の近くに『遊牧民』が出現し始めます。ちなみにこれは『Free play』モードでプレイしていますが制限時間がある場合はこのメーターの上に表示されます。


    村が出来たので村を選択して詳細を開いてみましょう。
    村を選択すると村の下に水色のラインが表示されました。下の画像で赤で囲まれた部分です。
    これは村の領土を表していて、ライン上に資源を作成すると村に資源が蓄えられます。
    村に蓄えられている資源についてですが、村の下の『1/5』という表示に注目してください。
    左の値が『現在使用中の資源の量』、右の値が『蓄えられている資源の量』になります。
    使用中の資源の量は時間経過で増加していきます。その時蓄えられている資源の量を超えることはありません。
    左の画像は村の詳細の拡大図です。赤で囲った部分の1つ目は村のHPで文字通り村のHPを表します。2つ目は村にある資源の種類で、上から食料・富・技術をそれぞれ表しています。その下にある数字は村の人口を表しています。人口は食料・富・技術の合計です。3つ目の欲深さ、4つ目の村のステータスについては『欲深さと戦争』で詳しく説明したいと思います。5つ目の村への脅威は近くに危険度が高い動物が近くにいる際に上昇します。一定の量に達すると村の成長が止まったり、村のHPが減っていきます。ただし、上手く利用すると欲深さの影響を最小限にすることが出来ます。

  • 村の発展
    村が出来て少し経つと村の近くに建物が建ちます。
    早速詳細画面を開いてみましょう。
    左の画像が拡大図です。今回は『Granary(高床倉庫)』が建設されたようです。赤枠の1つ目は目標が失敗するまでの『残り時間』です。達成目標をこの時間が0になるまでに達成しないと目標失敗になります。赤枠2つ目は『達成目標』です。『達成目標』は村が出来る場所によって変わります。今回は使用中の食料を30にするという目標なので、食料を中心に資源を配置していきたいと思います。赤枠3つ目は『専門化能力』です。これは建物が持つ固有能力で建物ごとに異なる専門化能力を持っています。今回の場合は『領土内に動物(の巣)がいると一匹につき食料が15加算。(最大3回まで)』ということなので、今回は動物資源を積極的に活用していきたいと思います。


    それでは早速『高床倉庫』の目標を達成していきましょう。海の巨人の資源作成スキルで「blue berry」の左隣に「chiken」を作成します。見辛いかもしれませんが。村に蓄えられている資源の量が5から36に増えています。ここで「高床倉庫の専門化能力による食料増加15と領土内の資源4+9=13で合わせたら28じゃないか?」という疑問を持った方がいると思います。
    2つ目の画像を見てください。
    左の画像は『chicken』の詳細を拡大したものです。赤枠で囲った『←→2』マークがあるのに気が付きましたか?これは『chiken』の効果範囲を示していて、通常よりも効果範囲が左2マス右2マス広いということを表しています。通常の効果範囲は資源のあるマスだけなのですが『chiken』のような『動物』は今確認出来ている中では全てこのマークが付いています。先ほどの疑問についてですが、村は3マス分あってそれぞれが分かれているため、表示こそされないものの実際には先ほどの28に4+4=8を足して村の資源が36になったというわけです。

    疑問が解決した所で残りの赤枠の説明に移りたいと思います。赤枠1つ目の『環境改善インベントリ』については『資源の改善』で説明します。2つ目の『共生効果』ですが、これは高床倉庫の『専門化能力』と似たようなもので『chiken』の場合は『隣にblueberryがあるとき食料の生産力+3(フリーレンジ)』になります。この『フリーレンジ』は『chiken』の効果範囲全てにこの効果が適用されるということです
    動物は効果範囲が広い代わりに素の生産力が1とか2とかなので『共生効果』を発動させていくことは非常に重要になります。3つ目の『種族変化』については『資源の改善』で解説していきたいと思います。



  • 大使の誕生
    一定時間が経過し『高床倉庫』の目標が達成されました!
    すると村に人物が描かれた吹き出しが出現します。その吹き出しを選択してみると森の巨人の
    ロックされていた部分に『↑』矢印が出現しました。とりあえず森の巨人をこの場所まで連れてきましょう。


    森の巨人が到着すると吹き出しに描かれていた人物が森の巨人の肩に乗り、肩に乗ると同時に新しいスキルがアンロックされました。下の画像の青枠の部分と赤枠の部分です。
    この方に乗った人物は、巨人たちの能力を高めてくれる『大使』です!
    『大使』が巨人の肩に乗ると対応するスキルがアンロックされます。
    『大使』は村が出来る場所によって異なり、『砂漠の大使』、『森の大使』、『沼の大使』が存在します。そしてどの巨人もこれらの大使を全員揃えることで全ての能力がアンロックされます
    また1体の巨人の肩に『大使』乗せると残りの3巨人が『大使』を肩に乗せるまで2人目は乗せることが出来ないので注意して下さい。ちなみに1体の巨人に同じ『大使』を乗せることが出来、その場合は『大使』に対応した、既にアンロックされているスキルのランクが1つ上がります。ランクが上がった 『資源作成スキル』を使用するとどうなるかはまだ試していないので実際にプレイして確かめてみてください!
    同じ『大使』を一体の巨人に複数乗せた場合、資源の初期生産力や共生効果がより効果の高いものになります。領土が狭いうちに高出力の資源を生み出すことが出来るのでうまく活用してください!

    今回は『森の大使』を森の巨人に乗せたことで『Fruit Aspect(フルーツ化) 』のスキルがアンロックされました。Aspectについては次の『資源の改善』スキルで説明します。



  • 資源の改善
    村を発展させるために重要な『資源の改善』について説明します。今回は『blue berry』を使いたいと思います。まずは村の左側に『blue berry』を作成します。
    左の画像は『blue berry』を拡大したものです。『種族変化』の欄の右側の円にカーソルを合わせると図のような文が表示されました。これによると『Fruit Aspectで変化』と書かれています。最後の『or better』の部分は今は無視してください。『大使の誕生』で『Fruit Aspect』を
    アンロックしたので、実際に『blue berry』 に使用してみましょう。










    『fruit Aspect』を『blue berry』に使用した後に詳細を開くと右の画像のようになりました。『環境改善インベントリ』の部分に『Fruit Aspect』のマークが追加され、『種族変化』右側の円がライトアップしたのが確認できると思います。早速クリックしてみます。









    『Apple Tree』の欄をクリックすると『blue berry』のあった場所に『apple tree』が作成されています。おやっ、『Apple Tree』はもう一段階変化するようですね?詳細を開いて確認してみましょう。
    『Apple Tree』の詳細を見ると『環境改善インベントリ』のスロットが一つ増えています。そして『種族変化』の円の部分にカーソルを合わせると今度は『Potent Fruit Aspectで変化』と書かれています。これは一段階上の『Fruit Aspect』が必要ということです。しかし、巨人のスキル欄を見てもそれらしきものはありませんよね?そこで必要になるのが「Fertilizer」です。







    『Fertilizer』は下の画像の赤で囲まれたスキルです。『Fertilizer』は大地に含まれる栄養を増やすことで資源そのものの生産力を増加させ、『Aspect』の効果を高めてくれます。それでは早速『Apple tree』に『fertilizer』を使用してから『Fruit Aspect』を使ってみましょう。
    『Fertlizer』+『Fruit Aspect』使用後に詳細を見ると左の画像のようになりました。『環境改善インベントリ』を見ると緑枠の『Fruit Aspect』マークが増え『種族変化』の円の部分がライトアップされているのが分かると思います。これで『Apple Tree』が『Peer Tree』に変化できるようになりました。先ほどの『or better』は『初期のAspectかそれ以上のAspectで変化』ということだったんですね。ランクの高い『Aspect』を使った資源は異なる『共生効果』を持ち初期資源よりもより生産力が高いものが多く、村の発展が楽になるので積極的に活用していくといいです。
欲深さと戦争
前のセクションでは村の発展や資源の改善について説明しましたがこのセクションでは『欲深さ』、そして『戦争』について解説していきたいと思います。

















  • 欲深さ
    『欲深さ』は笑顔のマークが表していて、『欲深さ』が増加していくと笑顔のマークが左から順に怒りのマークに変化していきます。『欲深さ』が増加するには、『村が急速に発展する』と『村が巨人への感謝を忘れる』の2つの要因があります。
    まず村の急速な発展に関してですが、村の発展は『村で使用中の資源』と『村で蓄えられている資源』の差で発展のスピードが増減します。次の3つの画像を見てください。


    一番上の画像では『資源の種類』欄の『食料』の右側に矢印が3つ並んだマークが付いています。そして左下の説明には領土が増加するとありますが注目して欲しいのは赤線を引いた部分です。これには『やりたい放題になる』と書かれていて、これは『欲深さが増加するのが早まる』ということを意味します。この状態になると『欲深さ』がどんどん増加していきます。2つ目の画像では矢印が2つになっています。この状態では赤線部にあるように領土が早く安全に成長していきます。安全にというのは『欲深さ』の上昇が止まり、減少していくということです。3つ目の画像では矢印が一つになっていて赤線部を読むとゆっくり領土が成長していくとあります。この状態は矢印が2つの時と同じように安全ですが、領土の成長がゆっくりになってしまいます。






    これらの画像を見ると一番理想的な状態は矢印が2つ並んだ状態であることが分かります。
    次に『村が巨人への感謝を忘れる』に関してですが、村の感謝の値は『Awe(畏敬)』として表されます。『畏敬』は欲深さの欄の下にある剣と盾のマークがある場所にある青いマークです。『畏敬』は初期時点では0ですが特定の資源や『共生効果』によって増やすことが出来ます。村は資源の量によって領土が増えたり欲深さが増加しますが『畏敬』は1でもあると、『村で使用中の資源』と『村に蓄えられている資源の量』差が『畏敬』+20以内の時、欲深さの上昇が止まり、村が安全に発展していきます。しかし村に建つ建物の中に生産力を多くもたらしてくれる代わりに『畏敬』の値が-10されるものがあります。『畏敬』がマイナスの場合は村の発展スピードによる『欲深さ』の影響を強く受けてしまいます。『畏敬』は序盤だと回復が難しいので気を付けましょう。



  • 戦争
    『欲深さ』が上昇していくと村はどんどん攻撃的になっていきます。
    これは意図的に『欲深さ』を上昇させたものです。『村のステータス』の部分を見ると所々色が変わっています。左側は村の現在の状況を表し、今は何処からも被害を受けていないので緑色になっています。これは下の『村に対する脅威』と連動していて黄色の場合は『脅威を取り除くことに集中している状態』で赤になると『徐々に村が滅んでいる状態』を表し、赤の状態では村のHPが減っていきます。村のHPが0になるとその村は消滅します。

    次に真ん中についてですが、この部分は『現在の村の戦争状態』を表しています。画像では赤になっており、この状態は『他の村と戦争中』ということを表しています。村が戦争中の場合は定期的に村から軍隊が戦争相手の村に派遣されます。この軍隊が相手の村に到着すると攻撃を始めます。相手の村の防御力が高く撃退された場合は一定時間後に再派遣されます。





    ←軍隊派遣の様子





    最後に右側のステータスについて説明します。これは『村が巨人に対してどう思っているか』を表していて、緑は友好的な状態、黄は巨人がもたらす以上をのものを求めている状態、赤では巨人を倒そうとしている状態を表しています。黄色の状態までは村に戦争を仕掛ける程度ですが、赤の状態では巨人に対して攻撃を加えてきます。下の画像では巨人が村の攻撃によりダメージを受けています。
    この状態からどうしても復帰できなくなった場合は最終手段を取ることになります。

  • 村の破壊
    『戦争』の項目の最後のようになってしまい、復帰が望めない場合は村を破壊するという選択肢を考える必要があります。
    その際に力を貸してくれるのが山の巨人と沼の巨人です。山の巨人は初期状態で村に壊滅的な被害を与える『地震』スキルを使うことが出来、沼の巨人は継続ダメージを与える『汚泥爆弾』スキルを使うことが出来ます。『地震』は一回で村を破壊できますがクールタイムが長く、『汚泥爆弾』は威力は少ないですがクールタイムが短くなっています。

    沼の巨人と山の巨人を使い村の破壊に成功しました!ゲーム進めていく中で危険な状態になった場合はこの巨人たちの力を使ってください。




最後に
ここまで解説を読んで頂きありがとうございます。
Reusは資源をどう設置していくか、どの資源の組み合わせで共生効果を最大限に発揮できるのかを考える必要があります。また、一つの村に集中していたら別の村から攻撃を受けてしまうということがあり、それをどう抑制していきながら人類を繁栄させていくかを考えるのがとても楽しいゲームです。このガイドでは基本的なゲームの流れについて説明しましたが、このガイドを読んで少しでもReusに興味を持って頂けたら嬉しいです。
セールで200円ぐらいの時もあったので良かったら購入を検討してみてください!