13
Products
reviewed
8562
Products
in account

Recent reviews by JJ

< 1  2 >
Showing 1-10 of 13 entries
3 people found this review helpful
6.7 hrs on record
E3での発表から気になっていたゲーム
クリアまでは5~6時間で、実績コンプまでは更に1~2時間程度
発想の勝利でおすすめ
チェックポイントもこまめにあるのでストレスフリー
ストーリーはなさそうで少しだけある(ほとんどプレイヤーの想像に委ねられる)

モンスター側になって進んでいくメトロイドヴァニア・・・と思わせておいて結構一本道
強化要素も先に進むに当たって必要なタイミングで習得していく
一応申し訳程度の寄り道要素はあってそこでパワーアップもできる

モンスター側といっても無抵抗な人間には好き放題できるが
警備兵やドローンや二足歩行ロボなどはしっかり対策していかないとすぐ死んでしまう
戦闘や謎解きギミック共にアクションというよりパズルに近いかも
操作感覚はRain Worldに近い気がした

モンスターを操作するだけあってマップ要素はなし
ただ各マップを行き来する場所でシークレットの状況や進捗状況の表示はあり

人間を真っ二つにしたり、物を投げつけて殺したり、はたまた特殊能力で人間を操作したりなど
プレイ時間は短いながらもついつい続けちゃうゲーム
前述の通り発想の勝利なので、二番煎じとか出てきても厳しそう
Posted July 26, 2020.
Was this review helpful? Yes No Funny Award
9 people found this review helpful
2 people found this review funny
2
2.6 hrs on record
KickstarterのBackerです。
2時間ほどでシナリオクリア
内容さえわかれば全実績解除も+30分ほどで可能と思います

ジャンプアクションパズルゲームですが、アクション要素もさほど難しくなく
パズルもパネルを踏んで足場を変えていくタイプで、そこまで難しくないと思います。
アクションパズル部分はどちらかというとおまけですね。
難しければスキップもできます。

このゲームの本質はシナリオと音楽だと感じました。
シックスセンスやそして誰もいなくなった等、どんでん返しが好きな人には受けがいいのではないでしょうか。
また全体的な内容で見ると、日本人ではあまり描かれないタイプのシナリオだと思います。
もの悲しくもシニカルさがある感じ。

内容は伏せますが
夏休みに田舎に帰省して、年の近い子と一緒に遊んだ思い出
という雰囲気です。(タイトルバック通りですね)
音楽もシンプルながら、逆にそこがシナリオに花を添えます。

これぞインディーという感じで、ボリュームは少ないですが、
制作者の思いが感じ取れ、シナリオ重視の方には値段相応の価値はあると思います。

あと忍たま○太郎とドラ○もん
Posted June 13, 2020. Last edited June 13, 2020.
Was this review helpful? Yes No Funny Award
6 people found this review helpful
4.7 hrs on record
初代XBOXでプレミアがついていたため中々手を出しにくかったソフトがリマスターで登場です
まずは雰囲気を楽しむバカゲー
全てをパワーでなぎ倒す○メリカ合衆国大統領、ベタベタなB級ブラックジョーク
このあほさ加減を楽しめる人なら楽しめると思います
ゲーム部分はアクションロボゲーム、いくつかの武装とダッシュやジャンプ、ホバリングで進めていく戦闘です
難易度もさほど高くなく、アーマードコアほどクセのある操作もない為、とっつきやすいと思います
ただリマスターと売っておきながら30FPSしか出ないのはマイナスですね
いずれにせよおすすめです
Posted November 26, 2019.
Was this review helpful? Yes No Funny Award
4 people found this review helpful
10.9 hrs on record
2Dアクションパズルゲーム、クリア時間は10時間程度
マップやアイテム完全収集目指すなら更に5時間程度必要かも
色んな武器を駆使しながらギミックを解除して進んでいくメトロイドヴァニア
アイテム収集要素やマップ埋めもあるがそこまで深くはないから、そこに期待はしない方がいい
ボスも一筋縄ではいかないものが多くギミックを使って倒していくことが多い
弱点なども分かりやすい為、ノーマルなら2~3回のチャレンジで勝てるはず
探索要素が強くない分、ストーリーや世界観もしっかりしていて、敵キャラ含めそれぞれに個性がある
ちゃんとそれぞれの説明がゲーム内にきれいになされてると思う
ただ敵キャラに関してはもう少し掘り下げがあった方がわかりやすかったかも
なおストーリーはかわいいキャラに関して、案外深いし勧善懲悪ってシンプルな感じでもない
見た感じで気になる人はやってみて損はないと思う
Posted September 19, 2019. Last edited September 19, 2019.
Was this review helpful? Yes No Funny Award
7 people found this review helpful
19.2 hrs on record (6.9 hrs at review time)
ゲーム前半はステージクリア方式、後半は全エリア探索方式になるタイプ
中盤以降落とし穴の即死できついとこもあるが、ボスも数回戦えば癖が分かってそこまでつらくはないし、復活ポイントも割と多いので難易度は中くらいか。。。
あとはキャラのメタ発言が多いからシリアスな世界観ではないので注意
タイトルの意味は・・・中盤くらいになれば分かる
総合的にかなりおすすめ
Posted June 30, 2019.
Was this review helpful? Yes No Funny Award
25 people found this review helpful
1 person found this review funny
9.3 hrs on record (3.9 hrs at review time)
Early Access Review
まず最初にこの作品はメトロイドヴァニアとは少し違います。
ステージクリア方式となっており
ランダムマップ⇒スキルアンロック⇒ランダムマップ⇒スキルアンロック⇒ボス
の繰り返しのような感じです。
一つのステージがそこそこ広い(全探索すると15分~20分くらい)となっており
難易度も簡単ではないですがそこまで難しいというほどでもありません。
例えるならランダムマップのステージクリア方式時代のドラキュラシリーズでしょうか。

成長システムに関しては3つにわかれます。
1、ステージ間にCELL(敵ドロップにて入手)を使用し、スキルや武具等をアンロックする。(死んでも引き継ぎ)
2、ダンジョンに配置してある成長アイテムを使い、HP・攻撃力・スキル(クールタイム)の3項目をあげる(死ぬと一から)
3、ダンジョンに配置・ダンジョン内のショップで購入(CELLとは別の通貨)等な武具やスキルを装備する(死ぬと全ロスト)
また武具やスキルに関しては一部は1にてまずアンロックしないと、ダンジョンには配置されないようになっています。
武具やスキルにもランクが設定されており、高ランクのものほどダメージが高かったりクールタイムが短かったりするようです。

中断もでき基本的に気楽に遊べる上に、アーリーアクセスの割には完成度は高いと思います。
ただ現状、強いスキルや武具が偏っている気がするので、そのあたりの調整が今後期待するところでしょうか。
Posted May 16, 2017. Last edited May 16, 2017.
Was this review helpful? Yes No Funny Award
16 people found this review helpful
1 person found this review funny
18.1 hrs on record (3.0 hrs at review time)
Early Access Review
見ての通りのベルトスクロールアクション。
おもしろいところはコンボを自分で組み立てられるところ。
5つの技を選択して自由に組み立てられる。そして組み立てたコンボは3パターンまで保存可能。
キャラはストーリーを進めるアンロック方式で、成長要素は経験値によるレベルアップとお金を使ってのbuff。
購入したbuffもいくつかカテゴリがあってそこから選んでいく。
アーリーアクセスの割にはキャラのモーションやら敵キャラの数やらもしっかり作り込んでる感じ。
キャラもそれぞれ特性があり棲み分けられている。
現状はソロプレイしかできないけど、オンラインCOOPやスコアアタック等が搭載されたらもっと楽しそう。
Phantom Breaker: Battle Groundsみたいなのが好きなら同じ位の価格だし、支援の意味も込めて買ってみてもいいんじゃないでしょうか。
あとはボス音楽ががっつりロマサガ風味です。(ストアムービーの2つ目で流れています)
イトケンが好きなんだろうなぁ。。。とは思いつつもこのゲームには合ってないと思います。
まぁ曲だけ聞くとすごくいいんだけども。
最後にストーリーは現時点ではほとんどありません。
Posted April 22, 2017.
Was this review helpful? Yes No Funny Award
334 people found this review helpful
24 people found this review funny
394.9 hrs on record (187.1 hrs at review time)
MOD非導入でサバイバルにて一周クリア済みです。
MODは入れない前提でのレビューとさせていただきます。
(主に3やNVと比較してのレビューとなります)

どちらとも言えないがないのでおすすめにはしていますが、あくまで手放しで「おもしろい」とも「おもしろくない」とも言えない評価です。

新要素である拠点の構築や武具MODの作成(武器MOD自体はNVよりありました)にはまれるかどうか分かれ目になると思います。


〈拠点構築について〉
荒廃した拠点を一から手入れし、人を増やし物資を増やし、更には拠点毎の交易によりFALLOUT4の世界自体を発展させる。
3やNVと違う点は会話の選択肢で世界に影響を与えるのではなく、拠点の作成で世界に影響を与えるという点は非常に魅力です。また3Dでのクラフトゲームが好きなら更に楽しめるでしょう。
その一方でNVであった各勢力への評判というシステムがなくなった為、会話を通してのロールプレイ感は薄れているように感じました(NVとは制作会社が違うので仕方ないかもしれませんが)。


〈武具について〉
武具に関してはMODの制作により武器の改造の幅が大きく広がりました。
見た目を重視するもよし、性能を重視するもよし、スコープやダットサイトも様々あって実際のシューティング要素にも影響有!
なのですが、銃火器のベース武器の数がかなり少ないです。
よって大きくモデルの異なる銃火器がたくさん欲しいという人は少し注意です。
また武具に「状態」という概念がなくなった為、使っていて性能が劣化することがなくなったので安心です。
ただ全体的に武具の価値が低くなっており、ニコイチ修理もなくなった為、出先で持ち帰れないアイテムが多くなる、武具売買での金策が厳しいという感じがあります(金策は拠点構築で対応可能です)


〈その他〉
・メインストーリーは意外性があっておもしろい。
・最終的にどの勢力でつくかは、クエストと会話の選択肢で終盤に決まる。
・FO3のモイラやNVの一部コンパニオンのようにぶっとんだ人物がいない。
・マップやクエストが前作に比べて単調。特にマップは屋内で長く感じるマップは歩ける場所が少なく、狭い空間を回り道して歩かされてる感があります。
・スキル制を排除したので育成が分かりやすくなった。
・シューティング要素が若干強くなっている。
・パワーアーマーが装備品から搭乗制になった為、重厚感がありUIもコクピットぽくGODD


MODでいかようにでも化けるのでしょうが、過去作品をやった方に対しては、3が好きならお勧めできる、NVが好きならロールプレイ感は下がっているのであまりお勧めできない、という感じです。

FALLOUT3とNVをやっていない方はシューティング要素のあるオープンワールドに興味があるならおすすめです。
Posted November 27, 2015. Last edited November 27, 2015.
Was this review helpful? Yes No Funny Award
10 people found this review helpful
3.1 hrs on record
ジャンプ・バックステップ・A攻撃・B攻撃と十字移動のシンプルな操作で楽しめるパズル要素濃いめのアクション。
全6ステージで難易度設定もなく易しい為、初見でも3時間程度でクリアが可能。
また実績解除も容易。
やり込み要素もほとんどない為、セールで500円程度でキャラの見た目に抵抗がなければ買ってもいいと思う。

シンプルな内容の為、良い点・悪い点を箇条書きにさせてもらいます

【良い点】
・既に書いているが、操作もシンプルでクリアも実績解除も楽。
・登場キャラクターは少ないが、それなりにキャラクターがたっていて、英語吹き替えの声も個人的には好き
・とある面でパンツが見える。あと鎖骨がいい。

【悪い点】
・バックステップとジャンプが押しっぱなしで連続で発動してしまう。
連続で発動するタイミングが短いため、誤ジャンプ等が発生し、アクション中に思わぬミスに繋がってしまう。
・一部のトラップの当たり判定が若干分かりづらい。
Posted February 7, 2015.
Was this review helpful? Yes No Funny Award
57 people found this review helpful
7 people found this review funny
63.8 hrs on record (62.0 hrs at review time)
ゲーム内容としては、ダンジョンへ潜り、拠点とキャラを強化し更に難しいダンジョンへ挑戦する、というもの。
難易度は他の人が書いている通り高い(理由としてはキャラロスト有り、戦闘の各キャラ行動毎のオートセーブ等が要因)
RPGと分類されているが、色々組み立てて攻略が必要という点で、どちらかというとストラテジー要素が強いと思う。
イメージとしては大作のX-COM:EUが一番近い気がする。
戦闘はRPGのターン制だが、拠点の強化、キャラの強化、強化したキャラも一瞬の判断でロストする使い捨て感、ストレスという要素が育てた同じキャラを、連続でダンジョン探索できなくしている等がその理由だ

クラスは現在10種類あり、それぞれ前衛、中衛、後衛と得意分野が分かれている。(最大20人雇用可能)
ダンジョン探索時のパーティー構成は4名の為、前衛、前衛寄り中衛、後衛より中衛、後衛となる。
スキルも各クラスに6種類あり、その中から4種類を選んでダンジョン探索をするわけだが、前記したパーティー配置や他クラスとの組み合わせの為、都度調整が必要。
武具は各クラスにて固定だが、アクセサリーはある程度自由度があり(クラス専用物もある)、そこで調整も行える。
しかし、アイテム収集というほど多い種類のアクセサリーがあるわけではないもよう。
またアクセサリーもプラス要素だけではなく、マイナス要素がほぼどのアクセサリーにも存在し単純に装備すればいいという類いのものではない。

個人的にアーリーアクセスとは思えないほどの完成度であると感じている。
しかし手応えがあるゲームが好きなら楽しめるが、高難易度の為、”カジュアルに遊びたい”という人にはお勧めできない。

グラフィックには独特のダークな世界観を醸しだしてはいるが、昨今の3Dビジュアルというわけではなく、キックスターターで1年以上かけて開発していたことから、おそらくバランス調整を中心に開発を進めていたと思われる。
それでもこの難易度の為、オートセーブのオンオフや難易度設定ができるようにすれば、もっと幅広い層にお勧めできるゲームになると思われる。(またこの難しさは残したままの方がよいと思う)
おそらく現状では、高難易度になるとジョブが固定となる感じがするが、その辺りのバランスを取るアップデートを期待する。
Posted February 6, 2015. Last edited November 23, 2018.
Was this review helpful? Yes No Funny Award
< 1  2 >
Showing 1-10 of 13 entries