22 people found this review helpful
2 people found this review funny
Recommended
0.0 hrs last two weeks / 9.7 hrs on record (5.6 hrs at review time)
Posted: Nov 4, 2021 @ 4:17pm
Updated: Nov 5, 2021 @ 4:02am

2021.11.4 1stインプレッション


『Demon Turf』は、魔界を舞台にした2Dキャラクター&3Dプラットフォーマーを組み合わせたユニークなグラフィックのゲームだ。

主人公は "Beebz" という悪魔の女の子。魔界は魔王が統べているが、各地にはまるでギャングにように様々な悪魔たちが縄張り争いを繰り広げている。

1000歳を迎えたばかりのまだ若い彼女だが、今こそ彼らを倒して自らが「悪魔の女王」になるべく行動をはじめるのだ!

ゲームプレイ
ゲームとしてのメインは3Dプラットフォーマーらしく、様々なロケーションからなる高低差のあるステージをくぐり抜け、ゴールを目指して、最終的にはボスを倒すというものだ。

道中にはBeebzの行く手を阻む魔物や、一筋縄では行かないギミック、簡単には進めない地形が立ちはだかるが、様々なアクションや応用したテクニックを駆使して突破していくことになる。

アクションとしては基本を抑えていて、手から波動を出す攻撃や、ジャンプ・二段ジャンプ・コウモリに变化して空中を短時間飛べたり・タコに变化して水中を泳ぐといったことが可能だ。

難易度はそれほど高くはない印象で、ほとんどは直感的に操作できるし、チュートリアルも画像と文章で丁寧に説明されているので、安心してプレイできるだろう。

キーボード/マウスにも対応しているが、ゲームとしては最適化されたゲームパッドでの操作が推奨されている。

ハブとなる街
本作には各ステージとのハブ=中継地点となる街が存在する。

メインストーリーの傍ら、ここでは住人たちとのコミカルな会話や、カメラ機能を使った写真館のコレクション要素、時にサイドクエストを受けて刺激的なチャレンジに挑戦することもできる。

また街にあるショップではアクションを強化・拡張できる「Mod」を購入することができ、これはステージの道中で手に入れたケーキと交換するようなシステムとなっている。

個々のModにはスロット値があり、これはBeebz自身の最大スロットの枠内で調整して装備する必要がある。ビルドを組むようなものだと思ってもらえればいい。

日本語翻訳/ローカライズ
ローンチ時点では英語のみの対応で、イベントではフルボイスとなっている。残念ながら日本語には未対応だ。

基本はステージ攻略のアクションだが、要所でのイベントや、街でのNPCとの会話、Modの説明などそれなりに文章を読む機会は多いので、英語が得意でなければPCOTなどの翻訳ツールの力を借りた方がいいだろう。

なお、将来的な日本語対応の見通しについては、SNSで開発者のFabraz氏から以下のコメントをもらっている。過去作も日本語に対応しているので今回も期待しておきたい。

Fabraz氏のコメント: Because of all the platforms we had to port to our small team wasn't able to do translation work as well. But maybe in the future we can add Japanese support, we'd love to! 訳: 移植しなければならないプラットフォームがたくさんあるため、小さなチームでは翻訳作業を行うことができませんでした。でも、将来的には日本語を追加できるかもしれません。

総評
アクションそのものは比較的オーソドックスではあるものの安定してバランスがよく、2Dとは思えないほどよく動くキャラクターと、3Dプラットフォーマーとの融合はユニークだ。

日本語に対応していないためストーリーの理解や、コミカルな会話、なによりBeebzの魅力を十分に体験できないのは残念だが、それでも楽しめる部分はあるだろう。

PVの雰囲気がゲーム内と離れていないので、PVを見て魅力を感じたならばおすすめしたい。
Was this review helpful? Yes No Funny Award